THE EPOCH TIMES

【フォトニュース】前原外相辞任 首相慰留も本人固辞

2011年03月07日 10時16分
 【大紀元日本3月7日】前原誠司外相(48)は6日、政治資金規正法で違反とされる外国人からの政治献金を受け取っていた問題を受け、辞任した。その意向を前原氏は菅直人首相に伝えた際、首相は慰留したが、前原氏が固辞したため、了承された。就任から半年足らずの辞任となった。

 前原氏は6日夜の辞任会見で、「クリーンな政治を目指してきたにもかかわらず、政治とカネの問題で不信を招いたことをおわび申し上げる」と陳謝した。時事通信などによると、前原氏は普天間基地移設問題などへの未練を残しつつも、「政治資金の管理責任は私自身にある。辞することで政治家としてのけじめを付けるべきだ」と正面を見据えて述べたという。

 米ウォールストリート・ジャーナルは速報で、「小額献金で外相辞任に至ったことは、日本政治の混迷ぶりを裏付ける」と発表した。

(佐渡道世)


^