THE EPOCH TIMES

<東日本大地震>福島原発1号機 爆発的事象 白煙上る

2011年03月12日 18時35分
 【大紀元日本3月12日】経済産業省原子力安全・保安院によると、東京電力からの情報として本日16時ごろ、福島第一原発周辺から地震後にドンという爆発音が聞こえ、白煙が立ったとの情報が現場近くにいた者から伝えられたと発表した。現場の東電作業員ら4人が怪我をしたという。枝野官房長官は「専門家らとデータ分析、状況把握を進めている」とし、放射量は、想定される範囲内の数値であると加えた。

 枝野官房長官は17時50分、総理官邸で会見を開き、福島原発1号機の爆発音と白煙について、「原子炉そのものの爆発とははっきり確認がとれていないが、専門家を交えて状況把握、対策に全力であたっている」とし、放射量については「正確にデータを観測中で、状況把握を進めている。周辺住民の万全を帰すが、万が一の時に備え、準備を進めている」と述べた。

 福島第一原発は、15時半ごろの会見で、原子炉溶解(メルトダウン)を避けるために原子炉容器の減圧作業を進めた結果、14時ごろから著しく圧力は低下したと発表していた。現場の作業員たちは、東電より放射性物質のセシウムとヨウ素が検出された後にも、原子炉容器内に消防ポンプを使って海水を直接注入し、冷却する作業を進めていた。

 福島原発は、11日午後から東日本を中心に連続する地震により、1、2、4号機の冷却機能を喪失し、現在は全6号機の運転が停止状態にある。

 枝野氏は福島第2原発についても、地震開始から設定していた退避距離を半径3キロ圏内から10キロ圏内に変更した。また節電を心がけるよう広く国民に呼びかけた。これは原発、火力発電の停止により、電力総量が全体的に低下しているため。

(佐渡 道世)


関連キーワード

関連特集

^