THE EPOCH TIMES

日本から一時帰国の留学生、金銭問題で母親を刺傷 問われる中国式教育の歪み

2011年04月15日 06時03分
 【大紀元日本4月15日】日本から一時帰国した中国人留学生(男、25)が、空港で出迎えた母親と仕送りをめぐって口論となり、ナイフで母親を刺傷した。「中国式教育の歪みがもたらした事件」として中国社会で話題を呼んでいる。中国各メディアが伝えた。

 4月1日、男は上海浦東国際空港で、3月分の仕送りが遅くなったことで母親を責め、喧嘩になったという。激情した男は荷物からナイフを取り出し、母親を9回刺し、胃や肝臓が破裂するなどの重傷を負わせた。

 男は日本で5年間留学しているが、学費や生活費はすべて母親が7000元(約9万円)の月収から工面していた。これまで親戚友人に借金を重ねてきたという。「ないものはない」という母親の言葉に激怒した、と本人は供述している。親戚らの話によると、母親は普段から子供を溺愛し、どんな要求も満足させていたという。以前から親戚はこの男性のわがままぶりを問題視していた。

 これについて、「欲しがるままに物を与え、心の教育を軽視している」中国式家庭教育がもたらした結果だと批判の声が上がっている。また、「学校教育は成績だけ重視し、子供の人格育成をおろそかにしている。国家とか民族とか大きなことばかり言うが、親孝行や個人の責任を教えていない」という意見もあった。「家庭内で過保護に育てたあまり、外国に行くと、激変した生活環境に適応できず、大きなストレスを抱えてしまう」という専門家の話も紹介された。

 また、目撃者の話によると、事件後、多数の傍観者がいたにもかかわらず、救助にあたったのは一人の外国人男性だけだったという。

 重傷を負った母親は今も「日本での生活に大きなプレッシャーを抱えているから」と息子を庇い続け、「留学を続けられないのではないか」「刑務所に入れたくない」と、なお彼の将来を心配している。一方、男性も「これからも親子でいたい」と話しているという。

 警察当局はこの男性に対して精神鑑定を行う方針だという。

(翻訳編集・高遠)


関連キーワード
^