印刷版   

離れた場所からでもかなり目立つ旧志免鉱業所竪坑櫓。夕暮れ時の雰囲気もいい。今は周りが囲われているため、中まで入れない

【ぶらり散歩道】--福岡篇-- 旧志免鉱業所竪坑櫓

 【大紀元日本5月12日】福岡県粕屋郡志免町には、その昔炭鉱で賑わった面影を残す「竪杭櫓(たてこうやぐら)」があります。国の重要文化財に指定されたこの建物から放たれるオーラは、訪れる者にインパクトを与えています。

 近づいてみると、その古びた外観はやはり何とも言えない雰囲気。

 現役だった頃は石炭の出る地層まで縦穴を掘るための昇降する機械が取り付けられていました。地上47.6メートル、8階建てのタワーです。

 夕暮れ時になると、遠くを見つめ、昔に思いをはせているような寂しい表情を見せます。この竪坑櫓は近代に建設されたわが国で唯一の現存遺構として貴重な存在。近代建設技術史上においても価値が高いと称されています。

 日本の近代化、経済成長を支えた石炭産業。筑豊・三池とともにその一翼を担ってきた粕屋郡志免町に今も現存する歴史の証です。

(写真/文・小川一博)


 (11/05/12 07:00)  





■キーワード
福岡県  志免町  竪杭櫓  塔櫓巻型  ぶらり散歩道  


■関連文章
  • 【ぶらり散歩道】--佐賀篇-- 有田陶器市(11/05/02)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 杖立温泉の鯉のぼり(11/04/24)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 熊本県伝統工芸館(11/04/11)
  • 【ぶらり散歩道】--福岡篇-- 桜、桜、桜!(11/04/04)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 本妙寺(11/02/05)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 心ほのぼの 楽しい駐車場(10/08/04)
  • 【ぶらり散歩道】熊本篇(10/04/09)
  • 【ぶらり散歩道】熊本篇(10/04/06)