印刷版   

200本の桜が満開に(写真提供:スーザン・ハマカー)

【ニューヨーク通信】 見事に咲いた第30回桜祭り NYブルックリン植物園

 【大紀元日本5月5日】4月30日から2日間、ニューヨーク・ブルックリンにある植物園で毎年恒例の桜祭りが開催されました。この「さくら祭り」は今年で30回目を迎え、ニューヨークの春の風物詩となっています。初日の土曜日は晴天には恵まれず少し肌寒かったのですが、二日目の日曜日は初夏を思わせる最高の行楽日和で大勢の人々が訪れました。

 
桜の木の下で楽しむ大勢の来園者(写真提供:スーザン・ハマカー)

園内に植えられた白とピンクの桜は40種類、その数200本以上にも上り、見事に咲き誇っていました。期間中は60以上のイベントが開催され、今年も茶道、太鼓、花笠踊り、侍パフォーマンスから漫画、アニメ、コスプレのファッションショーまで、伝統から近代まで存分に日本文化を楽しめました。

 
ハッピーファンスマイルのキューピー衣装で歌うアキコさん (写真提供:スーザン・ハマカー)

この桜祭りで自然の恵みに感謝する一方、自然とはまた奪うものであるということを私たちは改めて認識させられました。来園者たちは、しばしメインステージで東日本大震災の犠牲者に黙とうを捧げました。ブルックリン植物園の館長であるスコット・メドベリー氏は開会式のあいさつの中で、「私たちの気持ちは東日本で被災された方たちと共にあります。私たちが楽しく豊かな文化と伝統を祝う今日、ここで皆さんと一緒に・・・」と語りました。

 また、園内では「折り鶴を日本の被災地に送ろう」という呼びかけで、講習会も開かれました。日本の震災復興と被災者のために2日間で折られた鶴1500羽は、これまでに世界37ヵ国から送られてきた100万羽を超える折り鶴と50万ドルの義援金とともに、被災地へと送られます。

 
(エポックタイムズ・スタッフ)


 (11/05/05 07:00)  





■キーワード
桜祭り  第30回目  東日本大震災  


■関連文章
  • 震災取材手記 3.11から40日後の福島・宮城(11/05/02)
  • オバマ米大統領、短期・長期で日本支援を表明(11/04/02)
  • 「救援物資は支援国に配達責任」 中国大使が非難するも「国際慣例」(11/04/02)
  • 買いだめ、値上がり、品薄 中国に広がる日本製品への不安(11/03/31)
  • 黒龍江省でヨウ素131検出 福島原発の影響か(11/03/29)
  • 【ニューヨーク通信】「桜祭り」 日本の文化が満開!(10/05/07)
  • 【バンクーバー通信】美しい都市バンクーバーをめざして(10/04/10)