THE EPOCH TIMES

中国当局のプロパガンダ映画大作、香港で児童鑑賞禁止へ

2011年06月23日 06時45分
 【大紀元日本6月23日】1911年の辛亥革命から1921年の中国共産党建党までの10年間を描き、アンディ・ラウやチョウ・ユンファなど、108人にも上る人気俳優が勢ぞろいする中国当局のプロパガンダ映画『建党偉業』は、香港での上映が義務付けられているが、上映を管理する政府機関・香港影視署に児童鑑賞禁止のIIA級と認定され、議論をよんでいる。

 同署はその認定の理由について、『建党偉業』には暗殺や、血まみれの銃撃シーン、兵士が戦場で撃たれる暴力的な場面があるほか、「簡単に入手できる武器を使って真似しやすい危険な行為」があり、表現の仕方がストレート過ぎるため、児童の鑑賞に適さないなどと説明した。

 香港紙アップル・デイリーの評論は、これらの暗殺、銃撃、暴力の場面はまさに一党独裁の中国共産党政権の「輝かしい歴史」であるのに、なぜ、香港では禁止されるのか、と皮肉った。

 一方の大陸では、「国情の教育」として、国営企業や、政府機関、学校では同映画の入場券の購入が義務づけられており、幼稚園児までも園の行事として観賞しているという。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^