印刷版   


【私の一枚】 ニガウリの苗 連理の枝?

 【大紀元日本6月25日】先日友人から、鉢植えのニガウリを2株いただきました。夏には葉が生い茂って日除けにもいいわよというので、和室の窓の前に2鉢並べて置いておきました。

 いただいたときはまだ10センチほどの高さだったのですが、あれよあれよという間に蔓が伸び、今朝起きてみたら、左の鉢の蔓が右の鉢の支柱に絡みついていました。

 まるで、白居易の「長恨歌」にある「連理の枝」を思わせる様でした。この2株は前世では夫婦だったのでしょうか。昨日見たときは、右の株に言い寄ろうなどという素振り(?)さえ見せていなかっただけに、不思議でなりません。

 
(撮影=京都・鈴木、2011年6月23日)


 (11/06/25 07:00)  





■キーワード
私の一枚  ニガウリ  連理の枝  


■関連文章
  • 「比翼の鳥」と「連理の枝」の由来(06/06/24)