THE EPOCH TIMES

中国商務部研究員の「ノルウェーの銃乱射事件は天罰」に波紋

2011年07月27日 07時35分
 【大紀元日本7月27日】80人の犠牲者を出したノルウェー連続テロ事件に世界中が注目する中、中国商務部(経産省にあたる)の研究員・梅新育氏はミニブログで、今回の事件は「天罰」だと書き込み、波紋が広がっている。

 梅氏が23日につぶやいたこの文には、「この国はいつもダライラマやラビア(注、ウイグル人の人権運動家)、チェチェンのテロリストに肩入れしているだろう。今回の銃乱射事件は恐らく天罰だ」と書き込まれていた。

 この「天罰説」がたちまちネット上で物議をかもした。西南民族大学の肖雪慧教授は、「中国の言論は実におかしい。文明社会に普遍的に認められる言論については、こちらでは禁じられ、逆に人間性に反する言論がこちらでは闊歩する」と批判した。

 ペンネーム「螓蝗威国」のネットユーザーは、「この論理でいくと、中国の度重なる天災も天罰なのか」とコメントし、ユーザー「住之江理香」は、「高速鉄道の脱線事故は?」と反問する。

 ミニブログに寄せる数多くの反発の声に対し、梅氏は、「もし(私の書き込みが)我々の気持ちを恣意的に踏みにじった者の感情を傷つけたならば、私はなんの負い目も感じない」と応じた。その後、言い合いがさらに激しくなった梅氏のツイートはサイト管理者により削除されたが、他のユーザーによるリツイートは今も広がり続けている。

 43歳の梅新育氏は中国商務部の国際貿易経済協力研究所で副研究員を務める。同時に、北京郵電大学の客員教授と、中国国際期貨公司(CIFCO)の理事も務めている。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^