印刷版   

7月30日、留学生日本語スピーチコンテストin広島2011に参加した皆さん(大紀元)

留学生による日本語スピーチ、相互理解を深めて国際交流=広島

 【大紀元日本8月4日】広島キワニスクラブの主催による第2回「留学生日本語スピーチコンテストin広島2011」が先月30日に広島市内で開かれ、中国、ベトナム、韓国の三カ国から来た広島在住の留学生18人が、日本での生活体験をテーマにそれぞれスピーチを行った。

 最優秀賞を受賞したのは、中国からの交換留学生として広島修道大学で学んでいる羅婷婷(ら ていてい)さん。スピーチのテーマは「広島、好きじゃけん」で、受賞後、広島の魅力は「人情の深さですね」と語った。

 広島キワニスクラブは1970年成立され、現在、会員数75名。

 同クラブ会長の坪井宏さんによると、このコンテストの趣旨は、留学生への経済的な支援に加えて、留学生の生の声を広島市民が聞くチャンスをつくり、国際交流と相互理解を深めることにあるという。昨年に続いて行われた同コンテストについて坪井さんは、「どれもみな内容のあるスピーチでした。本クラブの活動として、毎年重要な行事の一つとなるでしょう」と語った。

 キワニス(KIWANIS)は、米ミシガン州デトロイトで1915年に設立された団体で、ロータリークラブ、ライオンズクラブと並んで、世界三大社会奉仕団体の一つに数えられている。「世界の子供たちに奉仕する」を特徴とする同団体は、世界96カ国で約8000のクラブを形成し、子供や青少年の健全育成を目指して盛んに活動している。

最優秀賞を受賞した中国人留学生・羅婷婷さん(大紀元)

本紙インタビューに答える広島キワニスクラブ会長・坪井宏氏(大紀元)

(肖蕾)

 (11/08/04 07:00)  





■キーワード
キワニス  広島  留学生  日本語スピーチ  ロータリークラブ  ライオンズクラブ  


■関連文章
  • 日本から一時帰国の留学生、金銭問題で母親を刺傷 問われる中国式教育の歪み(11/04/15)
  • ロータリークラブ会員 神韻は視覚と精神の糧=台湾(11/03/17)
  • 写真で見る2010年世界ニュース(後編) 火山噴火、ウィキリークスなど(11/01/02)
  • 世界を買い込む 中国大陸の観光客(三)(10/09/21)
  • 【ショート・エッセイ】「夏の花」のあとに(10/08/29)
  • 【バンクーバー通信】性行為・飲酒・薬物 ・・・留学生を取り巻く危険な行為(10/08/09)
  • 「歓迎活動は政治の戦い」 カナダ訪問の胡総書記を留学生ら「自発的」歓迎 内部録音で大使館動員が判明(10/06/26)
  • 「中国人一人っ子」の入学お断り=インドの大学(10/05/29)
  • 【フォトニュース】平和を願う広島花の祭典 オバマ大統領も登場(10/05/05)
  • ロータリークラブ理事長「最良の道徳教育教材」=神韻台湾公演(10/03/23)
  • フランス料理・料理長「すばらしい公演を見られて最高」(10/03/14)
  • 会社社長・鈴木常徳氏「これは厳しい練習の賜物」(10/03/13)
  • 岡山特産漆器・烏城彫り作家「伝統文化を残すことの大切さ」(10/03/13)
  • 神韻日本公演 西日本の国際都市・広島で公演(10/03/13)
  • 神韻が私の街にやってくる♪♪=「平和の街」広島(再掲)(10/03/11)