印刷版   

(Yeuan Fang/Epoch Times Staff)

【中国伝統文化】 漢字を創作した人物 蒼頡(そうけつ)

 【大紀元日本8月11日】神話によれば、漢字は黄帝に仕えた史官の蒼頡によって4000年前に発明されました。彼は四つの目を持ち、異なる次元が見え、物事が持つより深い意味を読み取ることができたといいます。

 ある日、蒼頡は山を歩いていると一匹の巨大な亀をみつけました。蒼頡の目に留まったのは、亀の甲羅に伸びる青いすじ。彼は慎重にそのすじを研究し、甲羅の模様には意味が内在することを見つけました。そこで蒼頡は、簡単な線の組み合わせにより、人間が考えを表現したり、記録を取ったりすることを思いつきました。

 そして、蒼頡は星の分布、動物の形、大自然の営みをつぶさに観察して記号を発明し、それぞれに異なる意味合いを持たせました。蒼頡が記号を使って彼の考えを人々に伝えると、人々は理解することができました。彼はそれらの記号を文字に変え、漢字を作ったと古代の書物に記録されています。

 数千年の歴史を経て、漢字の形は徐々に変化しましたが、字が内包する意味はそのまま残りました。「山」や「川」という単純な象形文字から始まって、人間の道徳や感情、抽象的な事物を表す表意文字が数千年の間に発達しました。例えば、心を刃物で切るようにつらく感じる「忍」、家の中に女性がいれば安心という「安」、私たち生命の由来を思わせる宇宙の「宙」、羊のように従順な様を表す「善」などがあります。

 漢字は単に言語を表すだけでなく、その中には古代から伝承されてきた神の智慧、人間の歴史が刻まれているのです。

(文・David Wu / 翻訳編集・郭丹丹)


 (11/08/11 07:00)  





■キーワード
中国伝統文化  蒼頡  漢字  


■関連文章
  • 【中国伝統文化】 中華民族の祖 黄帝(11/08/07)
  • 【中国伝統文化】 農耕と漢方の父 神農(11/07/21)
  • 【中国伝統文化】 伏羲(ふくぎ)と古代人(11/07/08)
  • 【中国伝統文化】 歴史のはじまり(11/07/05)
  • 【中国伝統文化】 甘やかすのは、殺すに等しい(11/06/24)
  • 【漢字クロスワード】⑯ 人○:○柄(11/03/03)
  • 【漢字クロスワード】⑮ 山○:○外(11/02/24)
  • 「父の使命を受け継ぎたい」二胡演奏家:戚暁春(チー・シャオチュン)(11/02/22)
  • ミス・オーストラリア 「見事なステージ、息をのむ演技」(11/02/11)
  • 米国人 20年間かけて中国語の漢字バンクを完成(11/01/20)
  • 【漢字クロスワード】⑭ 新○:○雨(11/01/09)
  • 今年の漢字、中国では「漲」 物価高騰の世相を示す(10/12/20)
  • 【漢字クロスワード】⑬ 一○:○羽(10/12/17)
  • 【漢字クロスワード】⑫ 自○:○子(10/11/26)
  • 【漢字クロスワード】⑪ 年○:○居(10/11/20)