印刷版   

(Saitowitz/Creative Commons)

【漢詩の楽しみ】 夏夜追涼(夏の夜に涼を追う)

 【大紀元日本8月14日】 

夜熱依然午熱同
開門小立月明中
竹深樹密蟲鳴処
時有微涼不是風

 夜熱(やねつ)依然として午熱(ごねつ)に同じ。門を開いて小立(しょうりつ)す、月明の中(うち)。竹深く、樹密なり、蟲(むし)鳴く処(ところ)。時に微涼(びりょう)有り、是(こ)れ風ならざるに。

 詩に云う。夜になったが、まだ正午ごろのうだるような暑さのままである。そこで私は門を出て、月明かりの下にしばし立ち、涼をとっていた。近くには奥深い竹林と樹木が生い茂っており、その根元のあたりでは一足早い秋の虫が鳴いていた。それを耳にした時、風が吹いたわけでもないのに、ふと微かな涼しさを感じたような気がした。

 作者の楊万里(よう ばんり、1127〜1206)は南宋の人。大学者である朱熹(1130〜1200)と同世代の人物で、宋代の詩人としては陸游(1125〜1209)の約1万首に次ぐ、約4200首の多作を誇る。

 楊万里は、官僚としては地方長官などの経歴が多く、政界で出世したわけではない。性格は剛直で気骨のある人だったらしいが、そのような人物は、かえって濁り水のような政界や官界では疎まれたのであろう。

 彼は永州(湖南省)の地方官時代、宰相・秦檜によって同じく永州へ左遷されていた名臣・張浚(1097〜1164)に出会い、張浚を師と仰いで一生その教えを守った。 張浚は、唐の玄宗に仕え、また玄宗に対して堂々と諫言もした名臣・張九齢の親族の子孫に当たる。

 張九齢が、時の権勢である楊国忠らと衝突して左遷されたように、約400年後の張浚もまた同様の憂き目を見た。張浚に師事した楊万里も、同じくそのような「実直組」に属するタイプだったようだ。

 宋詩の特徴の一つは、細やかな観察力に基づいて目にした光景を、さらに「一ひねり」して描写するところにある。

 夏の夜は、今年の日本もそうだが、中国でも暑くて寝苦しいもののようだ。今は8月の上旬で、昼間のアブラゼミは賑やかだが、夜はまだ窓下の草むらから虫の鳴き声は聞こえない。しかし、これがあと半月も経てば、残暑の夜の草むらは俄然騒がしくなってくる。

 そこで詩の第4句に、なかなか面白い「一ひねり」がある。つまり、風が吹けば涼しさを感じるのが通常だが、その風の代わりに、ふと耳にした虫の音から微かな涼しさを感じたよ、というのだ。

 唐詩が壮大な宇宙であるのに比べれば、宋詩は小さな日常のスケッチのようなものかもしれない。ただ、小ぢんまりした宋詩にも、なかなか捨て難い味わいがあると言えるだろう。

(聡)


 (11/08/14 07:00)  





■キーワード
漢詩の楽しみ  楊万里  朱熹  陸游  張九齢  張浚  秦檜  宋詩  


■関連文章
  • 【漢詩の楽しみ】 出塞(しゅっさい)(11/07/31)
  • 【漢詩の楽しみ】 哭晁卿衡(晁卿衡を哭す)(11/07/19)
  • 【漢詩の楽しみ】 初夏即事(しょかそくじ)(11/06/26)
  • 【漢詩の楽しみ】 漁翁(ぎょおう)(11/06/11)
  • 【漢詩の楽しみ】 客中初夏(客中の初夏)(11/05/29)
  • 【漢詩の楽しみ】 送元二使安西(元二の安西に使いするを送る)(11/05/15)
  • 【漢詩の楽しみ】 遣興吟(けんきょうぎん)(11/05/02)
  • 【漢詩の楽しみ】 春夜洛城聞笛(春夜 洛城に笛を聞く)(11/04/17)
  • 【漢詩の楽しみ】 清明(せいめい)(11/03/29)
  • 【漢詩の楽しみ】 春夜(はるのよる)(11/02/12)
  • 【漢詩の楽しみ】 除夜作(じょやのさく)(11/02/01)
  • 【漢詩の楽しみ】 無題(むだい)(11/01/15)
  • 【漢詩の楽しみ】 送夏目漱石之伊予(夏目漱石の伊予に之くを送る)(10/12/25)
  • 【漢詩の楽しみ】 偶成(ぐうせい)(10/12/11)
  • 【漢詩の楽しみ】 山行(さんこう)(10/11/28)