印刷版   

ハイリスク高利貸しブーム 経済学者「中国発の金融危機要因に」

 近年、中国国内企業は、融資元を民間金融機関へ移行させつつある。特に金融引締め対策が続く中、一部の上場企業と民間金融による融資の動きが活発になり、「融資ブーム」がますます拡大している。一方、実体経済の体力は高利貸しへの償還能力に欠け、不良債権の増加や企業倒産の危険性が増している。シンガポール中国語紙・聯合早報網9月8日付の記事によると、経済学者の間では、中国発金融危機の可能性が高まっているとの懸念が広がっているという。

 『中国証券報』の報道によると、浙江省だけで、高利貸し経由の融資金額は兆元単位に上り、年利子率は60%に達している。中国国内メディアの統計調査では、8月31日までに、全国で64の上場企業が受託貸付金の公募公告を発表している。これらの企業の、銀行などの仲介業者経由による第3者向けの融資金は計170億元に達しており、対前年同期比で38.2%増となった。

 中国銀監会の劉明康会長は先月、沿海地区では3兆元に上る銀行融資残高があることを明らかにし、金融機関から融資を受けたお金を高利で貸す―いわゆる「担保会社」によるものが多いという。この種の「担保会社」による短期貸出月利息は8%前後で、高いものは24.5%にも上る。通常の銀行貸出利息の2.88倍になる計算だ。コア事業が不振に陥る上場企業にとって、誘惑される話だ。

 ファイナンシャル・タイムズの報道によると、いわゆる「影の金融システム」(shadow banking system)の9割が国有企業である。国有企業の中国揚子船業株式会社の第2四半期の粗利益のうち、4分の1が他企業に対する貸出しによる利息収入であるという。中国最大の移動体通信事業者で国有企業のチャイナモバイルは、金融子会社を設立し貸出行業に従事させている。

 中国発の金融危機の可能性も

 中国の民間金融の拡大の勢いは凄まじいものがある。沿海部から内陸部へ、製造業から上場企業へ、さらに一般家庭にまで広がっている。これについて中央財政大学中国銀行研究センターの郭田勇主任は『新京報』の取材に対し、その危惧を伝えた。「貸出資金チェーンが長くなればなるほど、危険性が大きくなる。一旦資金を借りた企業が返還不能になれば、その影響を受ける範囲は社会各部面に広がり、これにより中国的金融危機が発生してしまう」。

 経済アナリストも学者の認識と同様である。中国銀河証券の首席顧問・左小蕾氏は、「聯合早報網」(zaobao.com)の取材に対し、この種の貸借行為は一種の「病気の状態」であると訴えている。

 「高利貸しと問題のある融資は区別されるべきことだが、一番肝心なのは、高利貸し出し会社がどのような人物に融資しているのかを全く把握できないことだ。この民間融資ブームにまきこまれた一般市民もいる」と左氏は分析する。また、「限定した特定企業への融資も貸出会社にとっても良策ではない」とも付け加えた。

 さらに、「企業は融資のための資金をどこから集めてきたのかは別にして、この種の投資それ自体はフェイクであり、実体のある投資と異なる。企業のコア事業への投資に比べ、実体のない投資(貸出)はハイリスクだ」と左氏は指摘。「仮に企業が十分な返済能力をもっているのならば、不動産投資といったハイリスク・ハイリターン投資を求めるはず。これらのことから、借りたお金を高利貸に出すのは、一種の賭博行為である」と警告した。

 大きな社会不安の火種に

 リスクは高いが高金利。この誘いに乗せられて、企業はもとより一般民衆も民間金融へ手を出し、高利貸は規制の無いまま横行している。この状態が放置されれば、金融システムの撹乱要因や社会不安の火種となりかねない。

 『新京報』の取材に答えた、河南省在住の金さん(女性)は、元銀行マンの知人が勤める「担保会社」に依頼した。一旦、元本割れのような状態に陥った時には、すぐに資金を戻せるからだ。金さんは30万元の貯金を一気に投資した。金さんの話では、今は毎月1万3500元の利息収入が得られているという。

 彼女ほど幸運な人は決して多くはない。『経済観察報』の記事によると、江蘇省泗洪県石集郷の村人は知人とともに高利貸へ金を預けたが、今は元も子もない状態に陥ってしまった。村人によると、高利貸の構造はピラミット型となっており、最後の貸し手が払う月利息は30%に上るという。

 確かに一部の人はこれにより富を掴んだが、突然の人間蒸発、民間金融機関の倒産など、貸借間のトラブルは後を絶えない。四川省社会科学院研究員の盛毅氏は、政府による民間高利貸市場の「整理整頓」が必要であると主張しており、多くの民間高利貸は法的保護が受けられず、脅迫や脅威によるトラブル解決が常態化しているという。「大きな社会不安や災禍を招く、隠れた要素となっている」と盛氏は危惧を隠せない。

 (翻訳編集・林語凡)

 (11/09/16 09:55)  





■キーワード
金融危機  民間金融  高利貸  不良債権  


■関連文章
  • 『赤い資本主義:脆弱な中国金融基盤』 中国経済神話の本質暴く新書=WSJ紙(11/09/09)
  • 格付け大手フィッチ、中国銀行セクターに再度警告(11/09/06)
  • 中国、鉄道建設に巨額の負債 専門家は懸念の声(11/08/08)
  • 中国78都市が債務超過 ムーディーズ「公式統計はるかに超える」(11/07/11)
  • 虚偽の繁栄 投資リスク高い中国 投資家は慎重に=カナダ紙(11/07/04)
  • 「世界経済の最大リスクは中国で孕んでいる」 スイス紙が警告「2007年の米国と同じ道」(11/06/09)
  • IMF、金融危機の再来を警告(11/04/18)
  • 【フォトニュース】スペイン信用格下げ 今後の見通しも「ネガティブ」(11/03/11)
  • 中国、5年内に金融危機発生か=BN調査(11/02/09)
  • 中国、ハイリスクのスペイン国債継続購入 専門家「政治目的の投資」(11/01/06)
  • 中国銀監会委員長、国内銀行のシステミック・リスクを懸念 (10/09/16)
  • 巨額の不良債権や地方債務 中国経済、景気刺激政策の後遺症が現れる(10/07/28)
  • リーマン「ミニ債券」の再来 中国の銀行、信用リスクを投資家に転嫁=フィッチ(10/07/01)
  • 数ヶ月で倍増 中国地方政府の債務、133兆円に=UBS証券(10/06/10)
  • 総額211兆円、財政収入の2・6倍 「中国は債務大国」=ゴールドマン・サックス(10/05/28)