印刷版   

旧北海道庁本庁舎。青空に赤レンガが映える

【ぶらり散歩道】--北海道篇-- 北海道庁旧本庁舎

 【大紀元日本9月15日】JR札幌駅で下車して歩いて10分、赤れんがの愛称で親しまれている北海道庁旧本庁舎が見えてきた。明治期を代表する建物は、1888年(明21)にアメリカ風ネオ・バロック様式のレンガ造りである。この優雅な佇まいに魅せられて、何度足を運んだことだろう。

 間口61m、奥行36m、搭頂部までの高さは33mと、10階建てビルの高さに匹敵する。1969年(昭44)には、国から重要文化財の指定を受けた。庁舎内には、北海道出身の洋画家、日本画家が制作した絵画20点があらゆる場所に掲額されている。江戸時代末期から明治中期までの開拓に関する史実を題材にして描かれている。

 庁舎内には、北海道立文書館、北海道開拓記念館、樺太関係資料館、赤れんが北方領土館、国際交流・道産品展示室や記念室などがあり、自由に見学できる。なかでも記念室は、歴代の長官や知事が執務した部屋で、他の部屋とは造作が段違いに違うのが見て取れる。雪の日の赤れんがとライトアップされた赤れんがは、息を呑むほどの美しさだ。

北海道庁旧本庁舎 060‐8588 札幌市中央区北3条西6丁目 
電話:011‐204‐5019 開館時間:8:45~18:00 
休館日:12月29日~1月3日 入館料:無料

  
エントランスからみた大通り
 

(江間十四子)

 (11/09/15 07:00)  





■キーワード
ぶらり散歩道  北海道  北海道庁旧本庁舎  


■関連文章
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 熊本近代文学館(11/09/10)
  • 【ぶらり散歩道】--山形篇-- 天童市立旧東村山郡役所資料館(11/09/08)
  • 【ぶらり散歩道】--富山篇-- 国際木彫刻キャンプ2011(11/09/06)
  • 【ぶらり散歩道】--京都篇-- 蓮華王院三十三間堂(11/09/01)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- アクアドームくまもと(11/08/29)
  • 【ぶらり散歩道】 --富山篇-- 漫画家・藤子不二雄Ⓐさんの生家(11/08/26)
  • 【ぶらり散歩道】--山形篇-- 斉藤茂吉記念館(11/08/25)
  • 【ぶらり散歩道】--山形篇-- 大宝館(たいほうかん)(11/08/18)
  • 【ぶらり散歩道】--山形篇-- 旧西田川郡役所(11/08/11)
  • 【ぶらり散歩道】 --富山篇-- 北アルプス・立山(11/08/09)
  • 【ぶらり散歩道】--愛知篇-- 文化のみち 二葉館(旧川上貞奴邸)(11/08/04)
  • 【ぶらり散歩道】--富山篇-- 海王丸パーク(2) (11/08/03)
  • 【ぶらり散歩道】--山梨篇-- 昇仙峡影絵の森美術館(11/07/28)
  • 【ぶらり散歩道】 --富山篇-- 海王丸パーク(11/07/25)
  • 【ぶらり散歩道】--熊本篇-- 山鹿市の古代ハス園(11/07/24)