THE EPOCH TIMES

【医学古今】 皮膚乾燥を防ぐ食養生

2011年10月26日 07時00分

 【大紀元日本10月26日】秋冬の時期に皮膚が乾燥して痒くなる人は少なくありません。その要因としては、血虚や津液不足によるものが多いのです。また、秋冬の時期には皮膚の表面を巡っている陽気が体内に収まり、それとともに体表の循環が弱くなり、皮膚に含まれる水分が少なくなる傾向があります。秋冬に補血、補津液の作用がある食品を意識的に摂取すれば、乾燥皮膚を防ぐ効果が得られます。食養生のメニューをいくつかご紹介しましょう。

 1. リンゴジュース

 リンゴ1個、牛乳カップ1/2、ニンジン1本、蜂蜜小さじ1/2。リンゴの皮を剥いて芯を取り、小さく切ります。ニンジンもきれいに洗って小さく切ります。鍋にカップ1の水を入れ沸騰させたあと、リンゴとニンジンを入れて再び沸騰させます。荒熱をとってからミキサーに入れ、牛乳と蜂蜜を加えて混ぜます。朝晩1回ずつ飲みます。このメニューは、補血、生津液の作用があります。

 2. 氷砂糖梨

 大きい梨を洗い、2つ割にして芯を取り、その穴に氷砂糖を入れます。梨を碗に入れて蒸し器で10分ほど蒸します。これを朝晩に分けて食べます。梨は津液を補う作用があり、皮がついたまま食べたほうがより効果的です。

 3. 山薬のお粥

 山薬(山芋)100gと米100gをお粥にして朝晩に分けて食べます。山薬は補脾腎、補気生津の作用があります。現代の薬理研究では、抗酸化作用、老化防止作用、消化吸収促進、免疫機能の強化などの効能があります。

 4. くるみや黒ゴマのジャム

 朝食に10gのクルミか黒ゴマのジャムを食パンに塗って食べます。くるみや黒ゴマはいずれも補腎作用があり、補血、生津液が期待できます。これらは養生法によく使われる食材です。
 

 (文子)

 

 

 

関連キーワード
^