THE EPOCH TIMES

中国崑崙山の仙人(2)百日の関

2011年11月14日 07時00分
 【大紀元日本11月14日】「百日の関」について聞いたことのある人は多いかもしれない。特に田舎に住む年配の人たちはそうだ。「百日の関」というのは、赤ちゃんが生まれて百日の間に夭折することを指す。田舎の古老の話によれば、「百日の関」は「布団関」とも呼ばれる。「布団関」は一種の凶悪な魂で、コウモリ・猫・ネズミなど18種類の動物に変身できるという。夜に大人たちを迷わせ、目が覚めないほど熟睡させた後に赤ちゃんを布団の中で窒息死させるのだ。

 驚き慌てた祖父は、「百日の関」の解除方法を求めた。道士は連夜、魔除けの剣を鋳造し、一枚の魚網を借りてくるよう祖父に教えた。そして、私が眠っているベッドの下に剣を置き、魚網は漏れがないようベッド全体に覆うようにとつけくわえた。また、お札を数枚書き、ベッドの上と部屋の各出口に貼らせた。

 その日、外出したことのない盲人の道士は、人に助けられながら、わざわざ数キロの道を歩いて我が家を訪ねてきた。彼は、一般の「百日の関」であれば心配はいらないと話した。自分はいままで数多くの「百日の関」を解除したし、その中には「凶悪な関」も数件あったが、失敗したことは一度もないと言った。ただし、一つだけ例外があるという。もしそれが一般の「百日の関」ではなく、「血関」であった場合、彼には解決方法がないと言った。「血関」は「凶悪な関」の中でも最も凶悪で、滅多に遭わないと道士は話した。

 彼は祖父を慰めながら、家に三日間滞在した。祖父は親戚全員を呼び出し、毎晩2人の大人が順番に私を守るよう手配した。彼らは眠らないよう、お茶を飲んだり、部屋の中を歩き回わったりした。

 三日後、道士は帰った。帰る時、寝ずの番に、周りの動静を注意深く観察するよう言いつけた。もし何の動静もなければ無事であり、私の命は助かるが、もし連夜、ずっと魚網から翼をたたく音が聞こえたり、黒影が見えたりすると、それは正に「血関」であると言った。本当の「血関」は運命であり、彼にはどうしようもないと言った。

 最初の一ヶ月は、何もなく無事だった。家族はみんなホッとして、もう大丈夫だろうと安心し始めた。祖父は、その一ヶ月間はほとんど眠らず、寝ずの番が居眠りしていないか、他に異常がないかを見に何度も部屋に来た。祖父は、異常は起きていないとはいえ、警戒心を緩めたらいけないと言った。必ずこの百日を無事に過ごし、百日がすぎてから始めて安全を確保できると言った。

 そして2ヶ月目。40日が過ぎたある日、私の長兄(叔父の息子)が夜の当番をしていた。夜中の1時か2時の時、彼はしつこく襲ってくる眠気を解消するため、部屋の中をグルグルと歩き始めた。その時、魚網の中から翼をたたく声が聞こえてきた。びっくりして眠気の覚めた彼が、目をこらしてジッと見つめると、窓も閉じていて風も吹いてないのに魚網がグラグラとひどく揺れている。頭を上げると、正体不明の黒影が部屋の梁をめぐっていた。怖くて背筋が凍りついた長兄は、大きな声を出して隣で寝ている両親を呼び起こした。祖父は裸足のまま走ってきた。

 その夜は、だれも寝なかった。恐ろしさのあまり言葉をなくした祖父は、私の父に一輪車で盲目の道士を家に連れてくるよう促した。

 家に着いた道士はずっと壁と向かい合い、ご飯も食べようとしなかった。家族は、彼が私のことを助けることができず、申し訳なく思っているのを知った。家族は、もし私に本当に何かが起こったとしても、それは運命づけられたことであり、あなたは既に全力を尽くしたと彼を慰めた。

 道士は、またたくさんのお札を書き、家の中に張り巡らした。それから先祖に香を焚き、墓参りをするようにと言った。夜になると、村の人たちも手伝いにきた。皆、部屋の中でトランプをしたり、お茶を飲んだり、お菓子を食べたりしながら徹夜していた。しかし、だんだん話し声が小さくなり、多くの人が机の上に伏せて寝始めた。眠っていない人も数人いたが、眠気に襲われてボンヤリとしていた。夜中の2~3時ごろ、ある人が便所へ行こうと入り口を出ると、一羽の黒ガラスが瓦の上を飛び上がると、すぐに消えるのを目にした。急いで部屋の中に飛び込むと、一羽の黒ガラスが翼を動かしながら、魚網にぶつかっている。彼は慌てて、大きい声で人を呼んだ。人々は部屋の中を隅々まで探した。屋根や部屋の梁まで探したが、鳥の影さえ見つからなかった。

 盲目の道士はため息をつきながら、ひっきりなしに頭を振っているばかりだった。祖父は心配のあまり涙を流し、母も非常に悲しんだ。父だけはあまり気にしていなかった。父は1949年以降(中華人民共和国の建国以降)に学校に通い、数年間、軍で士官を務めた正真正銘の無神論者だった。そのため家の人が菩薩に礼拝したり、占いをしたりすることに反感を覚え、裏では迷信を信じていると罵っていた。しかし、祖父を恐れていた父は不満を言わず、皆に従っていた。

 皆の様子を見て我慢できなくなった父は、迷信を信じるなと母を罵った。これまでに「布団関」を見た人はいないし、こんなことは絶対ありえない、見たことがあるという人はみんな居眠りをして寝ぼけているか、想像の産物で人を騙している、迷信を信じているせいで寝ることもできないと不満を口にした。

 話している途中で父は、祖父が振り回した杖で酷く殴られた。

 この時、平先生が現れた。

 (続く)


関連キーワード
^