印刷版   

HSBCは23日、11月の中国のPMI速報値を48と発表。2009年3月以来の低水準を記録した。写真は内陸部の安徽省にある縫製工場(STR/AFP/Getty Images)

中国PMIが大幅低下 金融緩和に転じるか

 【大紀元日本11月25日】金融大手HSBCは23日に、11月の中国の製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値を48と発表。前月の51から大幅な低下を見せた。2009年3月以来、2年8か月ぶりの低水準を記録した。同指数が50を下回ると景気後退とみなされる。

 これを受け、中国当局は今後、預金準備率の引き下げや融資の拡大などの景気対策を導入するものと市場ではみられている。

 キャピタル・エコノミックス(ロンドン)の中国担当エコノミスト王秦偉氏はボイス・オブ・アメリカ(VOA)の取材に対して、PMIの一定の悪化は予測していたが、下落幅の規模は予想外であると述べた。「需要を表す受注の減少と生産の縮小」が低下の理由だという。また、1ヶ月のPMIだけで中国経済の今後の動きを断定することはできないが、景気後退を示す数字の出現は、中国経済が失速する可能性が大きいことを裏付けていると王氏は指摘する。

 受注減少においては、心配された外需の縮小よりも、内需の冷え込みが大きく響いている。「海外からの注文はこの1ヶ月むしろ改善傾向にある。それでも全体の受注が落ち込んでいる」。王氏は、内需の低迷の方が不安材料になるという見解を示した。

 これまでの数ヶ月のPMIの改善は、企業が在庫補填のために生産を拡大したことによるもので、需要の増加という意味ではないという。今回のPMIの低下は、この在庫補填が終了し、需要の低迷が直に響いたことを反映していると王氏は分析する。

 さらに、世界的景気の後退、国内の金融引き締めや不動産引き締めなど、企業にとっての不安要素は多々ある。

 PMI発表を受けて、中国当局は今後、インフレを抑制するために引き締めて来た金融政策を、経済を刺激するための金融緩和へと転換していくだろうと、ロイター通信の報道でコメントされている。

 先週、中国人民銀行(中央銀行)が金融引き締めを「継続」しつつ、「微調整」を行うと発表したばかり。キャピタル・エコノミックスは、経済の冷え込みを避けるには「微調整」が不十分だと指摘し、年内にも、当局が預金準備率の引き下げや融資の拡大などの景気対策を導入すると見ている。

(翻訳編集・張凛音)


 (11/11/25 09:32)  





■キーワード
PMI  金融引き締め  金融緩和  景気  中国経済  


■関連文章
  • 中国4大国有銀行の預金高、半月で4200億元激減(11/10/06)
  • ブラックストーン 保有商業用施設の株式を売却、中国経済への悲観的な観測からか(11/10/04)
  • 中国経済、活力を失いつつある=ゼーリック世銀総裁(11/09/10)
  • 『赤い資本主義:脆弱な中国金融基盤』 中国経済神話の本質暴く新書=WSJ紙(11/09/09)
  • 中国、貿易黒字が拡大 経済成長、減速早まる(11/07/19)
  • 中国株式相場の低迷続く 金融引き締めで資金ひっ迫(11/06/27)
  • 広州に1枚12円の洋服 中国アパレル製造業、氷河期に突入か(11/05/28)
  • <中国人ブログ> 中国の富豪を恨まないなんて 私にはできない(11/05/13)
  • 「中国は日本に到底及ばない」 親共系テレビ、異例の批判「中国の調和社会は偽物」(11/04/21)
  • 半年で4度目の利上げ 「一石三鳥」になるのか(11/04/14)
  • 好調な自動車市場、中国式経済危機の兆し=郎咸平(11/03/11)
  • 高度な発がんリスクを伴う排気ガス汚染=米中合同調査(11/02/17)
  • 中国、5年内に金融危機発生か=BN調査(11/02/09)
  • 2011年 中国の経済成長は減速=中国人学者予測(11/01/24)
  • 来年の中国経済、「インフレと成長鈍化が基調」=英銀行報告書(10/12/18)