THE EPOCH TIMES

≪医山夜話≫ (48) 舌を診る

2011年11月13日 07時00分
 【大紀元日本11月13日】舌診(舌を診る)は漢方医が患者の病状を診断する時によく使う方法です。全身の病状が明らかでない時でも、舌にはすでにある程度の症状が表れるからです。

 一般的に内傷の患者の場合、陰気が不足すると、舌が小さくなり、赤みを帯びて唾液が少なくなります。陽気が不足すると、舌が少し大きく白っぽくなり、舌苔が薄く潤ってきます。陰気が欠けている場合は、舌の色が白く、微かに青くなったり、黒っぽくなったりし、舌苔は薄く潤います。臨床で最もよく見られるのは、消化不良あるいは風邪をひいた患者で、舌苔が黄色くなっています。これは、体内に熱がこもっていることが原因で、また舌苔が厚いのは消化不良の特徴です。健康な人と病人の舌苔は、違う様相を示します。

 ある日、若い男性が診療所にやってきました。彼は胃腸の調子が悪く、食欲もなく下痢をすると訴えました。病院の検査では何の異常も見つからず、漢方医療を勧められたといいます。彼の舌を診ると、色や厚さ、表面の舌苔は正常で健康的でした。

 彼が訴える症状に納得のいかなかった私は、注意深く質問しました。すると彼は、「友達と山登りに行きたかった。会社を休むための病院の診断書をもらいたい」と、白状しました。私は、嘘をついてはいけないですよ、と彼に告げました。

 過去に、私は濃い紅色をし、唾液が分泌されず、舌苔がまったくない舌を診たことがあります。彼の脈は、とても細かったのを覚えています。この患者は、末期のエイズを患っていました。その時、私は頭を振りながら、彼の最期を看取ると告げることしかできませんでした。

 
(翻訳編集・陳櫻華)


関連キーワード
^