印刷版   

(Sekikos/Creative Commons)

【漢詩の楽しみ】 対酒(酒に対す)

 【大紀元日本1月15日】

蝸牛角上争何事
石火光中寄此身
随富随貧且歓楽
不開口笑是癡人

 蝸牛(かぎゅう)角上(かくじょう)、何事をか争う。石火光中、此の身を寄す。富に随い、貧に随いて、且(しば)らく歓楽せん。口を開いて笑わざるは、是れ癡人(ちじん)なり。

 詩に云う。蝸牛(かたつむり)の角の上のような小さな世界にいて、人は一体、何を争うのだろう。火打ち石の火花のように短く、はかない時間のなかに、私たちはこうして身を寄せているのだ。ならば、富であろうが貧であろうが、すべてその定めに随って、人生を歓び楽しもうではないか。大きく口を開けて笑わないやつは、とんでもない愚か者だよ。

 作者は白居易(772~846)、字は楽天、中唐を代表する詩人である。

 古来より近世に至るまで、ある一定以上の階層に属する中国人の男子は、字(あざな)という通称名をもっていた。ちなみに、本人に向かって実名で呼べるのは、親か学問の師に限られる。

 白居易の人生哲学の詩ともいえるのが、この一首である。彼が、一度の左遷を除いてさしたる政難にも遭わず、官界と文壇のいずれにおいても栄達し、なおかつ比較的安定した生涯を送れたことは、一つの稀有な例と言えなくもない。

 卓越した才能をもつ人物は、他人からの妬みにかこつけた攻撃を受けやすいものである。白居易の身にもそれは降りかかったはずだが、彼はそのような塵埃を気にもかけず、笑ってはたき落とした。

 飲酒を奨励するわけではないが、白居易が李白に劣らず相当な酒好きだったことは、彼の多くの詩文から見て間違いない。加えて「楽天」という字である。おそらく、その性格を絵に描いたような字の通り、楽天的に彼は生き、口を開けて笑いながら、75歳という当時としては十分な長命を全うしたのだろう。

 白楽天に習って、大らかで、くよくよしない心持ちでいることは、現代の私たちにも通じる有効な処世術のようだ。

(聡)


 (12/01/15 07:00)  





■キーワード
漢詩の楽しみ  白居易  李白  


■関連文章
  • 【漢詩の楽しみ】 江雪(こうせつ)(11/12/12)
  • 【漢詩の楽しみ】 照鏡見白髪(鏡に照らして白髪を見る)(11/12/03)
  • 【漢詩の楽しみ】 秋浦歌(しゅうほのうた)(11/11/14)
  • 【漢詩の楽しみ】 江村即事(11/11/01)
  • 【漢詩の楽しみ】 秋思(秋の思い)(11/10/16)
  • 【漢詩の楽しみ】 九月十三夜陣中作(九月十三夜、陣中にて作る)(11/09/25)
  • 【漢詩の楽しみ】 九月九日憶山中兄弟(九月九日、山中の兄弟を憶う)(11/09/11)
  • 【漢詩の楽しみ】 芙蓉楼送辛漸(芙蓉楼にて辛漸を送る)(11/08/28)
  • 【漢詩の楽しみ】 夏夜追涼(夏の夜に涼を追う)(11/08/14)
  • 【漢詩の楽しみ】 出塞(しゅっさい)(11/07/31)
  • 【漢詩の楽しみ】 哭晁卿衡(晁卿衡を哭す)(11/07/19)
  • 【漢詩の楽しみ】 初夏即事(しょかそくじ)(11/06/26)
  • 【日本語に生きる中国故事成語】 竹馬(ちくば)の友(11/06/20)
  • 【漢詩の楽しみ】 漁翁(ぎょおう)(11/06/11)
  • 【漢詩の楽しみ】 客中初夏(客中の初夏)(11/05/29)