THE EPOCH TIMES

神韻公演 「エネルギーが背骨を上下する感じ」

2012年02月09日 07時00分
 【大紀元日本2月9日】神から伝えられた、洪大で深遠な神伝文化。なぜ中国という場所が選ばれ、神の文化が伝わったのか、この公演を見れば分かる。観客の目に映るのは、天地開闢から中国歴代の王朝を経て繰り広げられる、神と人間の物語だ。その舞台が発するメッセージは、善良、忍耐、寛容、正義、純真への回帰―鮮やかな色彩と迫力のパフォーマンスが、正のエネルギーとなって観客に送られてくる。

 日本公演に先立って先月開催された米サンフランシスコでの公演は、スタンディングオベーションと共に、大成功を収めた。観客のひとり、建築家のハリシュ・シャー氏は神韻の舞台を観賞して、次のように語る。「私は、座席を飛び越えて舞台に自分が参加しているように感じたよ。すぐに、背骨からエネルギーが出て、それが背中を上下したんだ。それを感じたし、とてもリアルだったよ!」
建築家のハリシュ・シャー氏



 それは魔法のようでもあり、なぜそうなのか説明できないとシャー氏は話す。彼の言う「不思議な経験」は、決してめずらしくはない。観客の中には、なぜか涙が溢れる、体がふわっと浮き上がる感じがしたといった、様々な感想が聞かれるからだ。

 中国古代の舞踊を中心とした舞台の見所は、たくさんある。菩薩のような女性ダンサーの柔らかい手足の動きや、武術を思わせるアクロバティックで力強い男性のパフォーマンス。古代の服装を忠実に再現したダンサーたちのコスチューム。空、山、古代都市の風景を再現したバックドロップ(背景画像)。

 「神の要素とその存在は、私たちの日常では感じられません。でも、彼らは私たちの生活に関与しています。そのような要素を2次元の世界で表現するのは美しい。神の姿がスクリーンから浮かび上がり、舞台に降り立つ。ダンサーたちはパフォーマンスしながら、私たちと神とを結ぶのです」とシャー氏。

 日本での神韻公演が、まもなく始まる。ぜひ、正のエネルギーと光溢れるパフォーマンスを体感してほしい。

 
(郭丹丹)



関連キーワード

関連特集

^