THE EPOCH TIMES

【神韻公演】会社経営者「伝統文化への理解は、ビジネスにも必要」

2012年02月18日 11時31分
 【大紀元日本2月18日】中国大陸では失われた正統な中国伝統文化を現代に復興させ、全世界に広めることを目指す神韻公演。その神韻を通じて、伝統文化への理解と認識を深めることの意義を感じ取る観客も多い。

 14日夜の公演を鑑賞した浦川麻衣さんに感想を聞いた。浦川さんは、台湾やアジア市場への参入を希望する日本企業に対して、ビジネス・サポートを提供する会社を経営しているという。

 「とてもすばらしかったと思います。私たち日本人は、中国語を話す人たちを中国人という呼び方で一括りに捉える傾向があると思いますが、今日の舞台を見て、その中にもそれぞれの文化や伝統があるということを深く感じました」

 また浦川さんは、台湾やアジアに関係の深い会社経営者としての視点から、次のように語った。

 「日本には、これから中国あるいは台湾や東南アジアなどの中国語圏に進出したいと考える会社がたくさんあります。そのような会社は、やはり中国語圏のさまざまな民族や伝統についての理解を深め、お金や物だけではない、心と心の交流を大切にしなければ本当の商売もできないのではないかということを、今日、改めて感じました」

 自身も20数年ほどバレエの経験がある浦川さんは、神韻芸術団の舞踊について、どの演目もすばらしかったという。また西洋の楽器と中国の伝統楽器が融合した神韻オーケストラの演奏も、世界には類を見ない音楽で、とても感動したと語った。

 私には台湾の血が少し流れています、という浦川さんは、こんなことも気づいたという。

 「休憩時間に館内に流れていたBGMの音楽が、とても懐かしく感じられて、印象に深く残っています」

 神韻芸術団の活躍にとても励まされたと語る浦川さん。1歳半になる娘さんとともに神韻芸術団のホームページを見ることを、いつも楽しみにしているそうだ。

 (牧)
関連キーワード

関連特集

^