印刷版   

(tribbles1971/Creative Commons)

馬に生まれ変わった女性

 【大紀元日本3月7日】生命はどこから来て、死後はどこへ行くのか。科学が発達した現代においても、明確な答えは得られていません。古代人の死生観によると、人は一生の間に積んだ善行(徳)と悪行(業)により来世が決められ、輪廻転生していくといいます。その一生の間に、過去世で借りたものを清算しなければならないのです。この世には厳粛な掟があるので、死後、後悔することがないようにと古代の物語は伝えています。
 
**********

 ウェイ・ハンチェン(魏漢臣)は、美しく徳のある女性と結婚した。現地の慣習に従い、女性の母親は娘に、結婚の記念として金のブレスレットをプレゼントした。女性は喜び、妻となった後もずっとそのブレスレットを身につけていた。

 平安な結婚生活を送っていたある日、妻は食事の支度をしていた。ブレスレットが台所の縁で擦れることを心配した妻は、それをはずして食卓の上に置いておいた。その時、隣の家に住むフイ(恵)が台所に顔を出し、妻とフイはしばらくおしゃべりした後、フイは帰っていった。妻は再び食事の支度にとりかかり、ひとしきり家事を済ませて食卓に戻ってくると、ブレスレットがなくなっているのに気がついた。家中を隈なく探しても見つからない。妻は悲しみにくれて泣き出した。帰宅したウェイは妻から事情を聞くと、「後で新しいブレスレットを買ってあげるから」と言って、泣き止まない妻を慰めた。

 隣に住むフイが亡くなって、数年後のある日のことである。見知らぬ子馬が突然、村に入ってきた。乳離れしたばかりのような小さな子馬だったが、すばしこくて村人はなかなか捕まえられない。半日ほど馬を追い掛け回した村人たちは疲れ果て、あきらめて家に帰った。

 夜になって、子馬は馬小屋の中に入ってきた。ウェイは小屋で家畜のための飼料を整えていたが、子馬はウェイを見ても驚くことなく、トコトコと歩いてきて、柵の横で止まった。ウェイは近くに落ちていた縄を拾うと、首に繋いだ。子馬はまるで、ウェイに拾われるのを待っているようだった。ウェイはそのまま子馬を連れて帰り、数週間後、市場で売った。

 子馬が売れた日の夜、ウェイの夢にフイが出てきた。フイは、ウェイの妻のブレスレットを台所で盗んだと告白した。フイによると、彼女は前世でウェイに借りがあるので、そのお返しをするために馬に生まれ変わったという。フイは話し終えると、姿を消した。

 夢から覚めたウェイは、市場で馬が売れた時に得たお金を勘定してみた。それは、金のブレスレットを買うのに十分な金額だった。その後、ウェイはこの一件が忘れられず、出会う人には必ず伝えた。「もし人間が悪いことをすれば、来世は牛や馬に生まれ変わる。反対に、人間がよいことをすれば、来世は果報を得られるだろう」

(翻訳編集・郭丹丹)

 (12/03/07 07:00)  





■キーワード
  輪廻転生  因果応報  


■関連文章
  • 立入禁止地帯を段階的に解禁=香港・新界(12/02/20)
  • 有名な反米主義中国人 米空港エスカレーターで首を挟み負傷(12/02/03)
  • 台湾総統選に羨望のまなざし 中国市民「民主制度の勝利」と賞賛(12/01/17)
  • 馬英九総統勝利 中国政府は声明文発表=台湾総統選(12/01/16)
  • 【医学古今】 客家の健康茶 擂茶の由来 (11/12/21)
  • 大紀元の国際フォーラム、台湾で開催 馬英九総統より祝電(11/12/03)
  • 訪日の中国高官、自ら「内政干渉」を要請 台湾問題をめぐって(11/11/17)
  • 台湾馬総統 「再選後中国大陸と平和交渉」=ウィキリークス(11/09/28)
  • 防衛産業サイバー攻撃 中国政府「超限戦」の一環か(11/09/23)
  • ≪医山夜話≫ 簡単に探せる「天星十二ツボ」(40-1)(11/09/11)
  • <中国高速鉄道事故> 信号会社会長、心臓病で急死 立入調査中(11/08/24)
  • 在日中国人グループ、気功紹介で被災地支援=福島県相馬 (11/06/27)
  • 【漢詩の楽しみ】 初夏即事(しょかそくじ)(11/06/26)
  • 【日本語に生きる中国故事成語】 竹馬(ちくば)の友(11/06/20)
  • 【漢詩の楽しみ】 客中初夏(客中の初夏)(11/05/29)