印刷版   

ロンドンのシティーにある時計メーカー博物館の入り口

【英国通信】 時計メーカー博物館

 【大紀元日本4月3日】ロンドンのシティーと呼ばれる金融街にギルドホール・ライブラリーと呼ばれる図書館がある。その上に、こじんまりとした時計メーカーの博物館が静かに収まっていた。

 英国紳士のイメージに欠かせない、不思議の国のアリスのウサギが持ち歩いているような懐中時計のコレクション、16世紀以降の室内用の置き時計、のっぽの古時計など、タイムマシーンで過去の世界に足を踏み入れたかのような空間だ。

 せわしないシティーの生活の中に、さりげなくこのような博物館をたたずませるロンドンの奥深さに触れた気がした。

The Clockmakers Museum
Guildhall Library
Aldermanbury
London EC1V 7HH
開館時間(祝日を除く)月−土 午前9:30から午後4:45まで
入場無料

珍しい懐中時計のディスプレイ。一日を10時間に区分し、一時間に100分、一分に100秒という概念を再現した時計もあった。

(縁)

 (12/04/03 07:00)  





■キーワード
英国通信  時計メーカー博物館  時計  


■関連文章
  • 【英国通信】 ロボットによる肖像画(12/01/25)
  • 【英国通信】 冬のロンドン 屋外スケート場 発見(12/01/13)
  • ≪医山夜話≫ (54)十二時と十二臓腑との対応(11/12/25)
  • ≪医山夜話≫ (53) 定時発作の病症(11/12/18)
  • 【ぶらり散歩道】--北海道篇-- 金井英明 心のふるさと美術館(11/10/06)
  • 【英国通信】 オリンピックまであと1年-ロンドンでイベント開催(11/08/06)
  • 【英国通信】 祖国を思う日本人の募金活動(11/05/22)
  • 【英国通信】埴輪に巣ごもり(10/10/16)
  • 米研究:就寝前のパソコン利用は不眠を引き起こす(10/05/18)
  • 便利な無線充電器=デンマーク研究(10/02/14)
  • 高脂肪食、体内時計のリズムを乱す恐れ(07/11/11)
  • 夏を乗り切るための十項目(07/08/05)
  • オークションサイトに、天安門鎮圧記念時計が出品(07/06/06)