THE EPOCH TIMES

中国崑崙山の仙人(30) 百妖陣

2012年06月04日 07時00分
 【大紀元日本6月4日】
前書

 本文は、私が知り合った先天道を修めた平先生(500歳)の経歴を記録したもので、文章はすべて記憶によるものである。何人かの人の記憶を統合したもの、または私と平先生の間であった途切れ途切れのいくつかの対話を元に書いたものであるため、文の繋がりがよくないと感じるところもあると思われる。私はそれらを一つに統合し、論理的な文脈を整えるため、想像を使った文字を加える場合があったが、事実を離れた記述はない。平先生との経験から、私は世の中の多くの出来事は人が思っているものとはまったく違うということが分かった。本文を読んだ後、多くの人は考え方が変わると思う。
************************************************

二十、百妖陣

 私たちは、話しながら歩いた。いつの間にか、岸際上(アンチ―シャン:音訳)という小さな町に着いた。この町は名も知らない大きな湖に隣接しており、湖の辺には小さい村落がそれに沿って建てられていた。

 村に近づくと、平先生は足を止めた。彼は厳かで重々しい表情をしていた。夜は歩くのに適している時間なのに足を止めているのを見て、私は何があったのかと彼に尋ねた。

 彼は周囲の妖気が盛んなので、恐らく「百妖陣」に入ったと言った。この前、天雷で妖狐たちを滅した時、人を害するたくさんの蛇やイタチも一緒に殺したが、それらは大勢の同門の兄弟や姉妹があり、それらの師もあって、その数は数千、数百にも上るのだという。それらは一つの大きな勢力を形成しており、一般の人はそれらを恐れて敵にする勇気がないというのだ。そして、それらの多くは人に憑いているが、湖の辺にあるあの村は水蛇に憑かれた人が大半だという。今、それらは妖狐たちの復讐のため集まり、妖陣を立て、私たちを妨害しようとしていると言った。

 神医も驚き、一種の黒気がずっと私たちについてきているのが見えたが、これらのものだったのかと言った。平先生はこの妖陣を突破することができないのかと神医が尋ねると、彼は自分一人なら身を化して離れることができるが、私が凡人なので、私を連れて行くことはできないと言った。そして、私を見守るのは彼の使命なので、絶対に私が気づかれないようにすると言った。彼の話に、私は申し訳なく思い、彼に心から感謝した。

 私たちは林の中に座った。平先生は、私の面倒を見るよう神医に頼んだ後、私たちを囲んで地上に何かを描き、壇子を取り出して土の中に埋めた。その後、手印を結び、口の中で何かをつぶやいた。私が、彼はいま何をやっているのかと神医に聞くと、平先生は私の護身のために「九龍陣」を立てていると、彼は答えてくれた。

 私は体を木に寄せ、彼が「九龍陣」を設置しているのを見ていると、だんだんと重い眠気が襲ってきた。まぶたはとても重く、両目は開けていられないほど眠くなり、すぐに寝込んでしまった。しかし、目を閉じた途端、一種の不吉な予感がして、恐れを感じた。何のものか知らないが、私の咽喉を押さえつけ、体を圧迫し、みぞおちに乗っているのが確実に感じられたのだ。私は極めて恐ろしく感じ、平先生を呼んで助けを求めようとしたが、口を開いても、何の声も出せなかった。私の頭は醒めていたが、体は思う通りに動かない。目を開こうとしたが、開けない。私は恐怖の至りだった。

 その時、一陣の光明が私を覆った。体に乗っていたものはもう逃げたと感じられた。私は一生懸命に目を開こうとした。この時、体の一部から、だるくてしびれる感じがして、最初は一点から始まったが、だんだんとそれが焼けるような熱さに変わり、その一点から一本の脈絡を通じて蔓延し、だんだんと全身に広がった。そして、私はついに目を開いた。しかし、眠気は依然として止まなかった。

 眼が覚めると、平先生が私に向けて功を発しているのが見えた。神医は私の体のつぼに向けて針を刺していた。先のだるくてしびれる感じは、彼の針によるものだったのだ。

 平先生は、私が目を覚ましたのを見て、急いで私を支えながら、彼に能力がないせいで、私を苦しい目に合わせたと言った。彼はもともと私が妖気に耐えられるよう、三層の「九龍陣」を立てて私を保護しようとしたが、一層しか完成していないのに、時間に間に合わなかったという。妖陣の中心は直接私を指していたという。神医と彼は皆修行者だったので、邪気に侵入されないよう肉体を保護することができるが、私は修行をしたことのない凡人なので、邪気に隙をつかれ、邪霊に身が圧迫されたというのだ。

 神医は針を刺しながら、しばらくは邪気が侵入しないよう肉体の入り口を閉じたと言った。そして、平先生は静息して禅定に入る方法を私に教えた後、湧泉穴と合谷穴を押すと、私を禅定に入らせた。しかし、私はずっと眠気がやまず、目を開いていることができずに、寝ようとした。神医と平先生の話ははっきり聞こえたが、体は制御が効かずに、寝ようとしたのだ。

 平先生はずっと私の耳の辺で、元気を出して、邪気に打ち勝ちなさいと、私を励ましてくれた。私はしっかりしようと懸命に目を開き、彼が教えた方法で座禅を組むよう努力した。神医は針を刺し続け、私のために邪気を封じ、経脈を通じさせてくれた。平先生は功能を使って、私の体内に入ってきた邪気を散らしてくれた。だんだんと私は、体から邪気が去って行くのが感じられ、体も澄んできて、それほど恐れなくなった。その時、平先生は突然口を開いた。もう時間がない、妖怪たちが憑き物に憑かれた凡人たちを連れてここに向かってきているので、即大戦を行わないと遅くなったら危険だと言った。

 話し終わると、私は百会穴にだるさとしびれを感じ、それはまた焼けるような熱さに変わった。神医が私の頭に針を刺していたのだ。この熱さは全身を貫き、足の底まで渡ってきた。突然、目を閉じて静息する中で、とても明るい一団の明かりが目の前に現れた。それは一つの出口のようだった。その時、一つの巨大なエネルギーが私をこの出口から引っ張るのを感じた。たちまち、全身がふわふわ浮かび上がっていると感じ、身体の束縛から解放され、美妙で比類がないように感じた。

 私が再び目を開いた時は、平先生と一緒にある奇怪な天車の中に座っていた。車は露天で、円形で、9匹の龍が引いていて、空中を飛んでいた。平先生は通常の様子と違って金甲を着て、頭には金冠をし、長いひげを蓄えていて、とても威厳があった。天車の周囲にはたくさんの龍が盤旋し、私たちを庇っていた。

 この時、周囲の遠くから黒気が湧いてきて、私たちを中に囲み、囲めば囲むほど小さくなってきた。平先生の体は光芒を放っており、私を彼の体に近づかせた。私はその光を浴びて、体が温かくなった。

 しばらくして、私たちはある世界の中でやむを得ず止まった。黒気は地上に降り、無数の怪物に変わり、陣を立て、私たちに向かって攻めてきた。ここは荒涼たるところで、あちこちに低い荒れ山があり、石が乱れていた。土地と山石はすべて赤色で、遠くには果てのない水があり、水の色は白色だった。遠く離れているが、水の中のものは、とてもはっきり見えており、肉眼で見るのとはだいぶ違った。

 水の中には魚がたくさんいた。体は少しコイと似ており、目は赤くて、頭の上には1本の角があり、体には鋼鉄のような硬い鱗片があった。それらの口には鋭い歯がいっぱい生え、硬い石を噛んでいた。水辺と水底には多くの黒色の石が積み上げられ、その石は硬く比類がなかったが、独角魚の歯に噛まれると即粉々になった。それらは石を食べながら、かちかちと大きく音をたてていた。

 下の怪物は、更に恐ろしかった。それらの中には、人の形をしているのがあれば、半分が人で半分が妖の形で、裸になって、地面を這っているものもあった。それらの目は丸く、膨らんでおり、体はとても肉付きがよくてたくましかった。あるものは6個の手を持っていて、あるものは8個の手を持っていた。あるものは下にある二つの手を足のように使って立ち上がり、あるものは地面を這っていた。それらの口は四角形で、鋭い歯が生えていたが、口の中からは火箭のようなものを吐き出し、私たちに向けて打ってきた。

 ー本文は大紀元が著作権を取得しています。 転載される場合は、出所を明記してくださいー

 (翻訳編集・柳小明)


関連キーワード
^