THE EPOCH TIMES

【漢詩の楽しみ】 望廬山瀑布(廬山の瀑布を望む)

2012年07月22日 07時00分
【大紀元日本7月22日】

日照香炉生紫烟
遙看瀑布挂長川
飛流直下三千尺
疑是銀河落九天

日は香炉を照らして紫烟(しえん)を生ず。遙かに看る、瀑布の長川(ちょうせん)を挂(か)くるを。飛流直下(ひりゅうちょっか)三千尺。疑(うたが)うらくは是(こ)れ銀河の九天より落つるかと。

 詩に云う。太陽が香炉峰を照らし、その山腹には紫の煙がかかっている。遙か遠くには大きな滝があって、その落ちるさまは長い川を立てかけたように見える。まさしく飛流、直下、三千尺。まるで銀河が天空から落ちてくるようではないか。

 暑い夏。李白(701~762)のこの一首で、少しばかり涼感を味わいたい。

 廬山(ろざん)は江西省九江にある名山の総称。独立峰ではなく、いくつかの峰からなる山群が多くの渓谷や滝、奇岩を抱いている。

 香炉峰という峰は、その廬山の一角にあり、形が香炉に似ているからそう呼ばれたという。残念ながら現地で実見したことはないが、廬山の写真や絵などから想像するに、そそり立つ岩の峰に孤高の松が根付いた絶景なのであろう。日本人が「やま」と言えば、まずは富士山のような姿を想像するかも知れないが、神仙への憧れからか、中国人の嗜好は奇岩奇峰に向けられることが多い。

 この詩が詠まれた時期については、異説もあるが、李白56歳のときと見られる。その李白ならばさもあろうと思われるが、「飛流直下三千尺、疑是銀河落九天」という発想は、やはりすごい。

 仮に日本人が、那智の滝や華厳の滝を見て、そのさまをこのように詩歌に詠うことができるかというと、おそらくできないだろう。李白という詩人は、こと表現において、とにかく遠慮がない。だから前例のない斬新な言い回しも平気でする。

 一方の日本人は、「本歌取り」や「歌枕」など古歌の趣を重んじる。どちらが優れているかを述べたいのではない。ただ、李白はすごいなと、改めて思っただけである。

 
(聡)


関連キーワード
^