THE EPOCH TIMES

【食と健康】 豆類の健康効果

2012年07月24日 07時00分
【大紀元日本7月24日】

 大豆の薬用効果

 大豆には黒、白、黄、褐色などがありますが、生薬として使用されるのは黒大豆です。黒大豆は、補腎健脾、利湿解毒の効能があり、肝腎不足による頭のふらつき、めまい、目のかすみ、顔のシミ、白髪、浮腫み、腰痛、膝痛、腹痛、下痢、薬物中毒などに効果があります。

 使用例:

 ① 顔面神経麻痺には黒大豆300gを少し煙ができるまで炒め、熱いうちに1ℓの焼酎に漬けると、一昼夜後から服用できます。朝晩2回、100mlずつ飲みます。

 ② 寝違いには黒大豆500gを蒸し、布で包んで枕にします。

 ③ 妊娠の腰痛には黒大豆300gを焼酎600mlで30分煎じ、空腹時に100mlずつ飲みます。

 ④ 急性の腰痛には黒大豆500gを水で濡らしたあと熱くなるまで炒めて、布で包んで腰を温めます。冷めたら再び炒めて使用します。

 ⑤ 食中毒には黒大豆100gを水500mlで煎じて服用します。

 【付記】黒大豆のもやし(生薬名・大豆黄巻)を乾燥して粉末にし、一日3回3gずつ服用すれば、湿邪による筋肉痛、膝関節痛、顔のシミ、皮膚と髪の乾燥、月経痛、胃のつかえなどに効果があります。

 小豆の薬用効果

 小豆は利尿、排膿の効能があり、水腫や出来物、血便、血尿などの症状に効果があります。他に酒毒、難産、乳汁不通などにも有効です。

 緑豆の薬用効果

 緑豆(りょくとう)を煮たスープは、夏の暑熱を冷ますのに効果があります。その他に、緑豆は、解毒作用があり、植物性や鉱物の解毒にも有効です。

 刀豆の薬用効果

 刀豆(なたまめ)は下気の効能があり、胃腸を調和し、逆上の気を降下させます。しゃっくりに有効です。

 白扁豆の薬用効果

 白扁豆(びゃくへんず)は脾虚湿邪による倦怠、無力、食欲不振、泥状便あるいは慢性の下痢に効果があり、婦人の脾虚による帯下過多にも有効です。

 
(利雪珍)


関連キーワード
^