THE EPOCH TIMES

【伝統を受け継ぐ】歴史的町並み「今井町」

2012年08月07日 07時00分
【大紀元日本8月7日】奈良盆地の南部、橿原市には香久山・耳成山・畝傍(うねび)山の大和三山に囲まれて藤原宮跡がある。藤原宮跡の西には神武天皇陵があり、古代の遺蹟や文化遺産に恵まれた土地である。その橿原市に古代文化とは趣を異にする江戸時代の町衆文化の遺産を受け継ぐ町がある。神武天皇陵の北にあるその町は「今井町」という。

 近鉄橿原線を「八木西口」で降りて、飛鳥川にかかる赤い欄干の蘇武(そぶ)橋を渡るとタイムスリップしたように江戸時代の町屋風の街並みが目の前に広がる。町屋といっても、間口が広くどっしりとした大店らしい建物が多い。落ち着いた街並みに、観光客目当ての土産物屋や飲食店の類は見当たらない。杉玉を掛けた造り酒屋がある。自家醸造の醤油を売る店がある。八百屋も豆腐屋もある。今井町はそこに住む人々が生活している町なのだ。

 東西600メートル、南北310メートルの地域に狭い道が碁盤の目状に通り、歴史的建造物が両側に並ぶ。国の重要文化財に指定されているものが9件12棟、奈良県の有形文化財が3件11棟、橿原市の文化財が5件6棟あるという。

 町の西端にある重要文化財の一つ、1650年に建築されたという今西家を訪ねた。町並みと軒を揃えた入り口から
今西家の広土間(撮影・Klaus Rinke)

は想像できない天井の高さと、内部の広さに驚いた。「ここは住居ではなく、町のもめごとのお裁きが行われた場所なんですよ。広い土間はお白州です」と奥に住む、当家の若奥様らしい女性が説明してくれた。今西家は江戸時代、惣年寄(そうとしより)として自治の町、今井の町政を預かったという。

 今井町が現在の形になったのは16世紀中頃である。もともと、興福寺の荘園であったところに、一向宗(浄土真宗)の道場ができ、旧勢力に何度か焼き払われた後、周囲に堀と土塁をめぐらし称念寺を中心に寺内町今井が誕生した。16世紀末、一向宗信徒が織田信長の圧政に抵抗した折に、今井町の人々も武器を取り参戦したが、明智光秀の軍勢に降伏した。しかし、その後も町の勢力を保ち続けて信長から自治権を勝ち取るに至った。

 江戸時代には天領となったが、南大和随一の商業都市として栄え、その財力を背景に自治の気風は強く、大幅な自治特権を許されていた。町政は今西家をはじめとする惣年寄を中心に組織され、司法、警察権の一部を任されていた。また、町民自らが「町掟」を定めて社会のルールをつくり、特に火災については厳しく定めていたという。大坂や堺などと交流が盛んで、町衆文化も発達し、茶道、華道、能楽、琴、書道、和歌などが盛んであった。

 貴重な文化遺産を受け継いだ今井町の人々は、どのように江戸時代の街並みを
今井町町並み保存会会長、若林稔さん(撮影・Klaus Rinke)

保ち、住人たちの生活を守り、他所から訪れる人たちを受け入れてきたのだろうか。住民組織である「今井町町並み保存会」の会長を16年来務める書道家、若林稔さんに話を聞いた。

 「私たち今井に住む人間が、先祖から受け継いだ文化遺産の大切さを再認識し、これを愛し、保存していこうと合意することから始まりました」と若林さん。戦後の開発の波は今井町でも例外ではなく、保存か、開発かという意見の対立は当然のこととしてあったという。10年近く協議を重ね、1983年に住民の意思がまとまり、「今井町町並み保存会」が発足した。

 保存会が目指したのは、第一に、静かなたたずまいと住環境の整備であり、商業主義の発展とは一線を画している。その上で町を訪れる人たちへのおもてなしの方法を工夫し、さまざまな活動を続けている。

 毎年5月の第3土曜日と日曜日には、「今井町町並み散歩」と銘打ったイベントを催す。茶人、今井宗久を生んだ今井町ならではの、茶行列、大和の茶道具師の作品展示、茶席など、他に琴・尺八などの楽器演奏、スタンプウォークなど盛りだくさんのプログラムを用意している。また、重要文化財など伝統的建造物がこの日ばかりは一般公開され、訪れる人は3万人を超すという。

 8月には、「今井町灯火会」が開かれる。「それぞれの家の前にろうそくを入れた灯火をだし、町の安全と繁栄を願い、近隣の人との親睦を図ります」。「木造建築にろうそくは危険だと考える人もいますが、危険だからこそ気を付けて火を用いることを子供たちにも教えるのです」と若林さんは言う。この町の将来を託す子供たちが町を大切に思うようになることが今井町の願いなのだ。

造り酒屋(撮影・Klaus Rinke)

今井町の西端を固めた今西家西面と堀(撮影・Klaus Rinke)

一向宗の道場、称念寺(撮影・Klaus Rinke)

馬止め(今井町の町紋)(撮影・Klaus Rinke)

(温)


関連キーワード
^