THE EPOCH TIMES

チベットの光 (16) 送金の計

2012年10月05日 07時00分

 ウェンシーはひとしきり泣くと、親戚を訪ねよという手紙のくだりに思い至り、涙を拭うと行者に尋ねた。「あなたは、私の親戚がどこの山村に住んでいるのか知っていますか。知っていたら教えてください」

 「聞いたところによると、あなたの親戚はヒマラヤの山麓に住んでいるようだ」。行者は答えた。

 「ヒマラヤの北?南?ヒマラヤの北の山村に親戚がいるのを知っているというのですか?」

 「私が知っている山村はとても多いが、あなたの親戚がどこにいるのかは知らない」

 ウェンシーはしばらく考えてから口を開いた。「ここで少し待っていてください。すぐに戻ってきますから」。彼は言い終えると、すぐにラマにところにいって手紙を見せた。

 「あなたのお母さんはよほど恨みが深いんだな。こんなに人を殺したのに、まだ雹を降らせるとは!」ラマはこれを読み終えると言った。「あなたの親戚が北方にいるのか」

 「私にもわかりません。わたしは北方に親戚がいるなどとは聞いたこともありませんでした。しかし手紙にはそうありましたので、行者に伺ったところ、彼にもわかりませんでした。どうしたらいいのでしょうか」。ウェンシーには全くのお手上げの状態であった。

 このとき、ラマの妻であるチホイコンシンが居合わせ、その手紙を一読するとウェンシーに言った。「すぐにその行者を呼んでらっしゃい」

 彼女は豪勢な料理を作ると、行者に酒をすすめた。彼女は彼と談笑をはじめると、そっと行者の背後に回り込み、その上着を脱がし、自分の体にかけた。「この破れた上着を着て巡礼すると、必ず福があるよ」。彼女は、あちこちを歩き回ると、二階に上がっていった。

 ラマの妻がその上着を切り裂くと、その中には価値のあるものが隠されていた。彼女はそれを取り出すと、また上着を修繕し、それを行者に返すと、また食事を勧め、しばらく泊まるよう勧めた。彼女はウェンシーに言った。

 「ウェンシー、ウェンシー、私と一緒に来てご覧!」

 ウェンシーは彼女と共にラマの元へと参じた。

 「あなたには、これが何か分かる?」彼女は行者の上着からとりだしたものをかざしてウェンシーに訊いた。

 「それは黄金ではないですか?」ウェンシーは黄金七両を見ると怪訝そうに聞いた。

 チホイコンシンは言った。「あなたのお母さんは頭のいい人ですね。黄金七両を行者の上着に縫い込んでよこしたのです」

「手紙にある北方の山とは、太陽のあたらないところで、それは即ち行者の上着の中です。ここは太陽があたらないでしょう。黒雲の集まるところとは、それが黒布の下に縫い込んであるということ。六星が光を放つとは、黒布の上に白糸で星形の刺繍が六つあるところ。また、その下に親戚が七戸あるとは、そこに黄金七両が隠されているということ。手紙の最後にある、もし親戚の住所が分からず、山村が見つからなかったら、行者の身を探せばすぐに得ることができる。山村の中に行者が一人で住んでおり、他に求めてはならないというのは、黄金は行者が持っているので、他に探してはいけないということよ」

関連キーワード

関連特集

LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^