毛沢東の生誕記念イベント 各地で制限される

2013年01月04日 13時10分
毛沢東の記念活動を制限され、ネット上で不満を爆発  (ネット写真)

【大紀元日本1月4日】中国共産党政権の初代最高指導者、故毛沢東・国家主席の生誕の日となる12月26日、中国各地で支持者による記念活動が警察当局に制限された。

 同日午後4時ごろ、毛擁護の代表的な左派人物、北京大学の孔慶東教授はミニプログ(微博)で怒りを爆発させた。その書き込みによると、河南省洛陽市の警察当局は現地の記念イベントを制限した。数人の毛ファンは、イベントの参加を禁止されたほか、逮捕者も出ているという。

 上海の毛沢東支持者たちも、記念活動を企画した主要メンバー数人の行動の自由が制限されたと訴えている。

 首都の北京では、景山公園での記念イベントには、参加者を監視するためか、多くの私服警官が配置され、毛沢東像や横断幕も没収されたという。

 指導部にも毛沢東への対応に変化がみられた。人民大会堂(国会議事堂に相当)で予定されていた記念セレモニーは、「特別な原因」との理由で、万寿路賓館に変更された。官製メディアの関連報道もこれまで以上に控え目だったという。

 一方ミニブログでは、毛の階級闘争論を非難する書き込みが相次いだ。「彼は異なる意見を持つ人を敵として、残酷に迫害していた」「陰謀家だ。大量虐殺、人権剥奪、階級闘争以外、ほかに何かの実績があるのか」「中国はその政治の試験台にされた」などと、メディアの抑え気味の報道と対照的に、活発な意見が飛び交った。

(記者・駱亜、翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^