中国、米中関係に「慎重で楽観的」 オバマ氏の2期目就任で

2013年01月22日 11時00分
【大紀元日本1月22日】中国国営新華社は21日、オバマ米大統領の2期目就任について論評を掲載し、米中関係には「慎重で楽観的」であるとした。また、「戦略的信頼」の欠如が「成熟した中米関係」を築き上げるための主な障碍となっていると指摘した。 

 一方、外務省の洪磊副報道局長は21日の定例記者会見で、米中関係は過去4年間、「おおむね安定で、重要な進展を遂げた」としている。双方は「対話と交流」に引き続き注力し、「新型大国関係」の構築に励むべきだと強調した。

(翻訳編集・張凛音)


 

関連キーワード
^