金鉱で火災事故、10人死亡=吉林省

2013年01月16日 15時40分
【大紀元日本1月16日】新華社電によると、15日未明に吉林省吉林市付近の金鉱で火災が発生し、10人が死亡、28人が負傷したという。

 死因は一酸化炭素中毒によるものと伝えられた。火災は金鉱の地下440メートル地点で起きており、坑道内に一酸化炭素が充満していたという。

 負傷した28人は現在、市内の病院に搬送され、命に別状はない。

 同金鉱の年産量は4.65万トンで、採掘許可書などの不備はないという。同省当局は詳しい事故原因について現在、調査中としている。

(翻訳編集・竜崎)


関連キーワード
^