<真善忍国際美術展作品鑑賞>主佛降臨図

2013年02月11日 07時00分
【大紀元日本2月11日】大昔の伝説によると、宇宙の極めて高いところの主佛(法輪聖王とも呼ばれている)は、未来の宇宙が「成、住、壊、滅」の規則に従い、壊滅に向かうことを見極めた。広大な宇宙を正し、衆生を救うため、主佛は高いところから、幾層の宇宙を通り抜けて降りてきた。その過程において、各層の宇宙の衆生と縁を結び、下界にある人間社会で宇宙大法を伝えることを各層宇宙の衆生に告げた。そのお告げを聞いた多くの宇宙の王たちが主佛に従い、人間界に降り、共に衆生済度の使命を果たすことを誓った。

 絵の上方では、天外から来た聖王が、輝かしく、天上に立ち、広大な慈悲で衆生に呼びかけている。対照的に絵の下方は徐々に暗い色彩となり、宇宙の低いところほど堕落していることを意味し、最も低い人間界まで表している。作者は壮観なる宇宙に対する自分の理解を、広大な構図で無限の天機を含めて表現し、縁のある人々の悠久の記憶を蘇えらせ、万年に一度のチャンスを見逃さないよう希望している。

(編集・瀬戸)



<真善忍国際美術展>今後の展示予定(2月~4月、関西)
(すべて入場無料)

●2月20日~24日
兵庫県民アートギャラリー 1階特別展示室
午前10時~午後6時

●3月1日~9日
神戸アートビレッジセンター
午前10時~午後10時

●4月2日~7日
西宮市立北口ギャラリー 第3展示室
午前10時~午後7時

●4月8日~10日
大阪総合生涯学習センター ギャラリーA
午前9時半~午後9時半

お問い合わせ: 090-5158-9033 (井田) 090-4490-3514 (山口) 

主催: NPO法人日本法輪大法学会  
協賛: 新唐人テレビ、大紀元時報、希望の声ラジオ
関連キーワード
^