「もっと早く見れば良かった」台湾ライオンズクラブ前会長

2013年04月09日 07時00分
【大紀元日本4月9日】神韻芸術団に所属する3団(神韻巡回芸術団・神韻ニューヨーク芸術団・神韻国際芸術団)による今年の世界ツアーは、いよいよ終盤の佳境に入った。3団はそれぞれアジア・欧州・北米でのツアーを精力的にこなし、各地で絶賛されている。

 神韻は観客の大きな感動を呼ぶ一方、ある種の「後悔」を感じる観客もいるという。その後悔とは「もっと早く見れば良かった」というもの。4月2日午後、台湾彰化で神韻公演を鑑賞した台湾ライオンズクラブ3001C1地区の前会長・江美梅さんも、その一人である。

 この日、家族とともに初めて神韻公演を鑑賞した江さんは、「私が生きているうちに神韻を見ることができて、本当に嬉しい」と述べ、その感動を次のように語った。

 「投影されたバックスクリーンの中にダンサーが入り込み、一気に飛び去っていくなんて、なんて不思議なんでしょう。まるで私も、その光景の中へ入ったみたいでした。ダンサーの跳躍の高さ、基本的な身体能力のハイレベルぶり、こんなにすごいのは見たことがありません。きっと厳しい練習の賜物なのでしょう」

 「すごい」という言葉を何度も口にして感動を表す江さんは、特に最後の演目「神仏の慈悲」について、目を赤らめながら次のように話した。

 「私たちは、人を騙したり、弱いものをいじめたりしてはいけないのです。この演目について多く語るまでもありませんが、私たちは分かっています。人は善良でなければならないこと、そして、人には真善忍が必要であることを」

 演目の終了後も、江さんは会場を離れがたい様子で、友人らとロビーに残っていた。

 「神韻の文化は、その技術も含めて、まさに世界最高レベルです。私は、もっと早く見れば良かったと思います。来年の神韻公演には、多くの友人を連れて見に来ます」

 神韻日本公演は4月19日~5月1日までに東京、西宮、名古屋、横須賀、福岡で計11公演が予定されている。公演の日本語公式サイト:http://ja.shenyun.com/

 (翻訳編集・牧)




関連キーワード

関連特集

^