神韻ついに日本到着 ツアー最終地で高まる期待

2013年04月18日 10時55分
【大紀元日本4月18日】4月17日午後1時ごろ、韓国公演を終えたばかりの神韻巡回芸術団が、成田空港に到着した。一行は、ダンサーのほか、神韻オーケストラやスタッフも合わせて百人近い大所帯。連日の公演の疲れも見せず、笑顔で到着ロビーに現れた一行に、この日を待ち望んだ熱心な神韻ファンが駆け寄り、先を争って花束を手渡した。

 19日から始まる神韻日本公演は、オーストラリア、台湾、韓国と進められてきた今年のアジアツアーの終着点。昨年12月22日の米オハイオ州クリーブランド市から始まり、4カ月以上にわたった同団の長期ツアーも、この日本で有終の美を迎えることとなった。

 神韻日本公演は今回で6回目。2年前の東日本大震災の年には、やむなく日本公演のみ中止となったが、神韻を待望する日本の期待は年々高まる一方だ。

 これまでの来日公演で、どれほど多くのステージに立ったか「回数は覚えていません」と語る同団のプリンシパル・ダンサーで副団長でもある任鳳舞さんは、今回の日本公演に向けての意気込みを、次のように語った。

 「神韻公演は、毎年すべての演目を一新しています。日本のお客様には、劇場へお越しいただいて公演をご覧になれば、必ずご満足いただけるでしょう。大きな驚きと喜びを感じていただけることは間違いありません」

 日本公演の初日は19日、東京文化会館での夜公演から。同館は、日本のコンサートホールの老舗とも呼ばれる歴史ある劇場で、海外の著名なオーケストラやオペラなども数多く上演されてきた。

 神韻日本公演は4月19日~5月1日の期間に、東京、西宮、名古屋、横須賀、福岡で計11公演が予定されている。

公演の日本語公式サイト:http://ja.shenyun.com/

(翻訳編集・牧)


関連キーワード

関連特集

^