中国は「1隻の空母にとどまらない」 海軍副参謀長、「次はより大型」

2013年04月24日 16時06分
【大紀元日本4月24日】中国国営新華社は23日、中国海軍の宋学・副参謀長の話として、中国は今後、2隻目の空母を建造すると伝えた。1隻目の空母「遼寧」より大型化する予定だという。

 宋副参謀長は、中国海軍設立64周年記念行事で発言した。それによると、中国は今後、「海洋権益保全の需要」に合わせ、空母の発展計画を定めるという。「我々は1隻の空母にとどまらない」と副参謀長。また、多くの飛行機を搭載し、戦闘能力を高めるためには、「次はより大きな空母を建造する」と話した。

 副参謀長はさらに、「遼寧」向けの艦載機部隊は現在、組織されている最中とし、空母1隻に少なくとも2つの飛行団を配属させると述べた。

 「遼寧」の艦載戦闘機「殲15」について、今後「数を徐々に増やしていく」という。

 一方、米外交誌フォーリン・ポリシーは3月に、中国は、「殲31」ステルス戦闘機を空母艦載機として使用する意向があると報じた。2015~20年の間に、中国は2、3隻の空母を新たに登場させるだろうとの見方も伝えている。

 (翻訳編集・張凛音)
関連キーワード
^