【家庭料理】 塩こうじで作る「チーズ豆腐」

2013年06月25日 07時00分

【大紀元日本6月25日】年間を通じて出番の多い食材、豆腐。いつもは冷奴や味噌汁の具などが出番の中心ですが、たまには変わったレシピはいかが? こってりとチーズのような味わいが楽しめる「チーズ豆腐」です。チーズが食べたいけれど、カロリーが気になる。そんなあなたにもおすすめです。定番調味料として定着しつつある塩こうじを使います。

 用意するもの: 豆腐の水切りするための清潔なふきん(他にもキッチンペーパー、ストッキング素材の水切りネットでも代用可)、豆腐一丁が入る容器

 材料: 木綿とうふ1丁、塩こうじ(豆腐を覆える程度)

 ① 豆腐から水気をしっかり切る。キッチンペーパーかふきんで包み、重しを乗せて水を出す方法と、ふきんかストッキング素材の水切りネットで豆腐を包んで手でぎゅっと絞る方法などがあります。いずれにせよ豆腐が半分以下ぐらいの容量になるまで水分を出します。

 ② 別に用意した豆腐一丁が入る程度の大きさの容器の底に塩こうじを塗ります。小さくなった豆腐を入れ、さらに上から塩こうじを塗ります。

 ③ 3~5日、冷蔵庫で保存します。

 ④ 取り出して、余分な塩こうじをヘラなどで取り除けば出来上がり。

 ひとくちメモ:

 最初に水気をしっかり切ることで、食感はよりチーズのようになります。保存期間が長ければ発酵し、コクが出ますが、なま物なので夏季など長期保存は避けたほうが良いでしょう。各ご家庭の塩こうじの塩加減具合で、このチーズ豆腐のしょっぱさも変化します。ご飯にのせて食べても良し、クラッカーやビスケットの上に乗せて洋風菓子に、サラダにまぜるとカッテージチーズのような見た目と味わいが楽しめます。
 

(文・岡山実和子)

 

 

 

関連キーワード

関連特集

^