THE EPOCH TIMES

【世界むかしばなし】9 石工と山の精霊

2013年11月18日 07時00分

昔々、あるところに石工が暮らしていました。石については豊富な知識があり仕事ぶりが丁寧だったため商売はうまくいっていました。山の石切り場から石を切り出すのは骨の折れる仕事でしたが、人をうらやましく思ったり高望みしたりすることもなく、幸せに暮らしていました。

 この山には精霊が住んでいて、ときどき人の前に姿を現しては魔法で願いを叶えてくれるという言い伝えがありました。そんな精霊などいるわけがないと思っていた石工の身に、次々と不思議なことが起こりました。

 ある日、石工が金持ちの客を訪ねると、その家はまばゆいほどに美しいもので埋め尽くされていました。すると突然、石工は自分の生活をひどくみじめに思い、心の中でつぶやきました。「ああ、わしも金持ちだったら幸せだろうなあ!」

 すると、どこからか声が聞こえました。「そなたの望みを叶えましょう。金持ちになれ!」

 石工はまわりを見回しましたが、誰もいません。気のせいだと思い、その日は仕事を早く切り上げて家に帰りました。すると驚いたことに、ちっぽけな小屋が見事な家具を備えた大邸宅になっていました。石工は大喜びで、昔の生活のことなどすぐに忘れてしまいました。

 夏になりました。太陽がジリジリと照りつけます。あまりに暑くて息もできないほどだったので、石工は一日中ずっと家にいることにしました。退屈して日よけのすきまから外をのぞいていると、お供を従えた立派な馬車が通りかかりました。金の日傘で強い日差しから守られている王子様を見て、石工は心の中で思いました。「ああ、わしも王子様だったら幸せだろうなあ!」

 すると山の精霊は答えました。「そなたの望みを叶えましょう。王子様になれ!」

関連キーワード
LINE NEWSに『中国の今を伝える 大紀元時報』を登録する方法
^