中国、アフリカに1兆ドル融資 2025年までに

2013年11月19日 15時11分
【大紀元日本11月19日】中国進出口(輸出入)銀行のシニア・アナリスト趙昌輝氏はこのほど、中国政府が2025年までにアフリカに対し1兆ドルを融資するとの計画を明らかにした。香港英字紙サウス・チャイナ・モーニング・ポストが報じた。

 趙氏は、香港で開催されたアフリカ投資会議で同計画に言及し、輸出入銀行が1兆ドルの7~8割を、直接投資と長期低利貸付、短期貸付を通して提供するという。

 「中国には3.5兆ドルの外貨準備がある。米国の国債ばかりを買うわけにはいかない」。趙氏はこのように語り、アフリカは今後20年、多くの大手企業のもっとも重要な投資先になると見込んだ。

 輸出入銀行は今、アフリカの道路や鉄道、空港などのインフラ整備への参加を模索しているという。大陸間鉄道網の建設だけで5000億ドルの投資が必要だと趙氏は強調した。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^