「教師の命令で」10才男の子、自宅ビル30階から飛び降り死亡

2013年11月01日 12時50分
【大紀元日本11月1日】小学5年生の男の子(10)が、担当教師に課された反省文を書くことが出来なかったため、30階建てのビルから飛び降り、死亡した。中国国営メディアが10月31日、伝えた。

 四川省成都市の都心部に位置する錦江区の小学校に通っていたこの男の子は、授業中にしゃべっていたため、宿題として1000文字の反省文を書くことを担任教師から命じられていた。伝えられるところによると、教師は作文できなければビルから飛び降りろと発言していたという。男の子の親族や学校の友人がメディアに明かした。

 「先生、私はできません」「ビルから飛び降りるのに何度も尻込みしました」などと男の子は自分の教科書に書き残していた。自宅のあるマンション30階から飛び降り、一階の駐車場の車の上に落ち、死亡した。事故後、親族が、男の子の通っていた学校近くで「教師が我が子にビルから飛び降りるよう強制した」と書かれた横断幕を掲げた。

 中国では伝統的に、権威力に対して従うよう厳しい指導と要求がある。インターネットでは同情の声があがっている。「なぜこのような人間が教師でいられるのか」「こんな風に子供に命じる権利が教師にあるのか? なぜこんな言葉に子供が盲従したのか」。警察は捜査を進めている。

 (翻訳編集・佐渡 道世)
関連キーワード
^