春のアレルギーはハチミツで予防

2014年03月24日 07時00分
【大紀元日本3月24日】春はアレルギー性疾患が多発する季節。花粉症をはじめ、様々な皮膚疾患も発生し、悪化しやすい季節です。

 米国の免疫学の専門家によれば、毎日大さじ1杯のハチミツを摂ることを2年間以上続ければ、喘息や花粉症、アレルギー性皮膚疾患、ドライアイなどを予効する効果があります。

 ハチミツは微量の蜂毒を含んでいます。蜂毒はミツバチの体内で分泌された有毒の液体で、人体には抗菌、抗ガン、免疫力増進などの薬理効果があります。医療現場では気管支喘息などのアレルギー性疾患の治療に用いられています。

 漢方医学では、ハチミツには補中緩急、潤肺止咳、潤腸通便の作用があります。気を補って抗病力を促し、呼吸器や消化器の潤いを増加させ、乾燥による咳や便秘を改善する効果があります。

 その他、ハチミツには微量の花粉が含まれており、長期間服用すれば、花粉に対する抵抗力が生じ、花粉症予防の効果が期待できます。

(漢方医師・甄 立学)
関連キーワード
^