不明機機長、インド洋周辺5つの滑走路をリサーチか=マレーシア紙

2014年03月19日 10時43分
【大紀元日本3月19日】マレーシア紙Berita Harianの最新情報では、マレーシア当局が機長宅から押収したフライト・シミュレーター(模擬操縦訓練装置)を調査したところ、インド洋の近くにある五つの空港の滑走路情報が見つかり、不明機の所在を特定する重要な発見であるとしている。

 ニューヨーク・タイムズは米政府高官の話を引用し、消息不明のマレーシア航空370便が北京に向かう途中、突然進路を西に変更できたのは、同機のコンピューターシステムを通じて実現できたと報じた。この変更を設定できる者は、当時操縦室にいた熟練操縦者である可能性が高いという。

 ロイターの報道によると、マレーシア政府調査担当者は機長か副機長かが、旅客機をハイジャックし自爆攻撃を企んだと疑っているという。現在、 世界26カ国の捜索隊が史上最大の規模で、北はカスピ海から、南はインド洋まで広範囲で不明機の所在を捜査し続けている。

 国連のデュジャリック報道官は17日の定例記者会見で、核実験全面禁止条約機構の確認結果によると、陸上でも水上でも、爆発や飛行機墜落事故は観測されていないと述べた。同機構の国際観測システムは核爆発を監視する目的で設計されたが、航空機の爆発や地表や水面への影響も監視できると同氏は紹介した。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^