ベトナム 反中暴動で21人死亡か

2014年05月15日 14時29分
【大紀元日本5月15日】ロイター通信によると、ベトナム中部ハティン省で14日夜に発生した反中デモで、ベトナム人5人と中国人とみられる16人が死亡した。各地で起きているデモに関連し、すでに700人が拘束されたと地元メディアは伝えている。

 ロイター通信は15日、同省病院の医師の話として伝えた。14日夜の暴動で、約100人が同省病院に運び込まれ、そのほとんどが中国人という。

 ベトナム各地で反中抗議が激化している。一連の暴動の起点となったのは、ベトナム南部のビンズオン省の工業団地。同団地には中国企業や台湾、韓国、日系企業などが入居しており、13~14日、中国系の工場などを襲撃する暴動が発生した。台湾や韓国、日本企業も中国系と間違われて被害が及んだという。

 中国の李克強首相が昨年10月、ベトナムを訪問した際、共同海洋開発について協議するグループを創設することを約束し、「微笑み外交」を繰り広げた。それから数ヶ月、係争海域で石油掘削装置を設置し不意打ちをかけたことで、両国の対立が深刻化している。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード
^