警官の暴力で妊婦が気絶 市民が抗議=湖南省瀏陽市

2014年06月24日 15時21分
【大紀元日本6月24日】湖南省瀏陽市内で22日、警察官による暴力で妊婦が意識を失う事件があり、市民による抗議活動が起きた。

 同日午後、パトカーに乗った警官の一人が、妊婦の女性と些細なことで口論となった後、女性に暴力を振るい気絶させた。

 同警官は謝罪を拒否し、パトカーに乗りその場を去ろうとしたが、目撃した通行人数百人が妊婦の家族とともにパトカーを取り囲み、警官らと2時間以上にわたり対峙した。そのため一時的に周辺の交通機関が麻痺した。

 その後、警官隊が出動し、警戒線を張り、市民らを強制退去させた。妊婦の女性は救急車で病院に運ばれ、家族ら数人が警察に拘束された。

(翻訳編集・林茉莉)


関連キーワード
^