中韓の領有問題に触れたCM出演 キム・スヒョンとチョン・ジヒョンが契約解除で10億円損失

2014年06月25日 21時26分
【大紀元日本6月25日】中国メディアなどによると、人気韓流ドラマ「星から来たあなた」の主役を演じたキム・スヒョンとチョン・ジヒョンは、中国のミネラルウォーターのCM出演は中韓領土の紛争に触れるとの理由で契約解除を要請。それによる違約金などでおよそ100億ウォン(約10億円)の損失を被るという。

 報道によると、キム・スヒョンとチョン・ジヒョンは当初、それぞれ年俸10億ウォン(約1億円)で、中国のミネラルウォーター「恒大氷泉」とCM契約を結んだ。

 しかし、ボトルのラベルに記載された採水地が中国と北朝鮮の国境にある「長白山」(韓国では「白頭山」と呼ばれる)で中韓間の領有権論争に触れることになった。韓国側は、白頭山は朝鮮民族発祥の地で韓国の領土と主張している。同CMは韓国のメディアに報道された後、韓国のネットユーザーの不満を招き、国内で批判の的となっている。

 2人の所属事務所は緊急記者会見を開き、「原産地表記をしっかり確認しなかった」と謝罪し、解約の声明を発表した。それにより、「恒大氷泉」側への年俸の3倍にもなる違約金に加え、完成したばかりのCM撮影・制作の費用などで、およそ100億ウォン(約10億円)の損失になる。

 韓国ドラマ「星から来たあなた」は中国で空前の人気を博した。同ドラマで一躍人気俳優となったキム・スヒョンは現在、CM界の寵児となり、サムスン電子、コカ•コーラなど多くの大手企業のCMに出演している。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^