広東省の縫製工場で集団食中毒 3人重体 また期限切れ食物か

2014年07月25日 07時00分
【大紀元日本7月25日】広東省東莞市の励発縫製工場で23日夕方、食中毒の症状を訴えた従業員151人が病院に運ばれ、うち3人が意識不明の重体となっている。病院側の診断では、期限切れの食品を食べたことが食中毒の原因と推定している。中国メディア・中新網などが報じた。

 従業員の話によると、工場食堂での夕食後約1時間後に多くの人にめまい、嘔吐などの症状が出た。「干しいんげん」を食べた従業員に症状が強く出ている。病院側は期限切れの食品を食べたことが原因だとみている。

 同工場は香港資本で、繁忙期になると従業員1万人が勤務している。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^