中国当局、北京の映画祭を妨害し中止 イデオロギー規制

2014年08月25日 15時12分
【大紀元日本8月25日】中国当局は23日、北京で同日開催予定だった独立系映画祭を妨害し、中止させた。イデオロギー規制の一環と見られている。

 中止になったのは今年で11年目を迎えるはずだった「北京独立映画祭」。AP通信によると当日、会場は警察車両に囲まれ、映画監督や観客が会場へ入らないよう封じられた。また関連文書や映画フィルムを押収していったという。

 一方、映画祭を創設したベテラン映画評論家・栗宪庭氏が持つ映画制作事務所も捜索し、10年分の映画資料を押収していったという。

 支持者らによると、映画祭のアート・ディレクターも一時拘束されたが、後に解放されている。このディレクターによると映画祭に対する当局の締め付けは近年ますます強くなっていったという。栗氏は映画祭開催の前の週、政府から中止するよう圧力を受け、警察の監視を受けているとインターネットに記していた。

 習近平政権はメディアを中心に情報統制を強めている。2013年8月には中国全土の宣伝担当者の会議で「イデオロギー工作は党の極めて重要な任務だ」と述べた。

(翻訳編集・佐渡 道世)

関連キーワード
^