高智晟弁護士釈放 妻「米国にきてほしい」

2014年08月08日 15時12分
【大紀元日本8月8日】中国政府による人権弾圧を非難したため「国家政権転覆扇動罪」で投獄されていた中国の人権弁護士・高智晟氏(50)は刑期満了の7日に釈放された。関係者から早くも「今後も当局による監視が続く」と懸念の声が高まっている。

 2009年に当局の監視・脅迫に耐え切れず、2人の子どもを連れ米国に渡り、難民として保護された妻の耿和氏(サンフランシスコ在住)は、7日午後に出所し親戚の家に到着した夫と4年ぶりに電話で話した。監視係の人が側にいるため、長くは話できなかったという。「夫の歯はひどく損傷し、蒸しパンも手で細かくちぎって食べるしかない。獄中でどういう虐待を受けたのかを想像するのも苦しい」と夫を労わる耿氏は、米国政府に救出を請う意向を示した。「米国でしっかりと健康診断と治療を受け、真の自由を得させたい」

 北京在住の人権弁護士・李方平氏は「(2006年から)高氏に対する不法勾留や拷問が続いた。今回釈放されたとしても、完全に自由になれるかは疑問だ」と述べた。

 高氏の親友、北京在住の人権活動家・胡佳氏は「習近平政権が前指導部と違う対応を取るかどうかを見極めたい」とし、「以前と同様の扱いになる可能性も払拭できない」と語った。

 高氏は2005年から、最高指導部に対して伝統的気功・法輪功への弾圧の違法性を幾度も訴えたため、2006年に懲役3年執行猶予5年の有罪判決を受け、2011年末から新疆ウイグル自治区の刑務所に収容されていた。

 国際社会も高氏の身を案じた。米国務省、英国駐中国大使館、国際人権組織「ヒューマン・ライツ・ウォッチ」などは最近相つぎ、中国政府に対して高氏の予定通りの釈放を求めた。

 中国国内メディアは高氏の釈放を報道しなかった。

(翻訳編集・叶子)

関連キーワード

関連特集

^