中国駐アイスランド大使、「日本のスパイ」容疑で逮捕か

2014年09月18日 15時31分
【大紀元日本9月18日】中国の駐アイスランド大使・馬継生夫妻の消息が絶えてから半年以上が経った。最新情報によると、同夫妻は日本に国家機密を漏洩した疑いで、既に中国国家安全部に逮捕されているという。

 16日の米華字ニュースサイト・明鏡新聞網の独占報道によると、馬氏は今年3月に国家安全部に逮捕された。罪名は日本への国家機密の漏洩。報道によると、馬氏が駐日中国大使館の参事官だった頃に、日本のスパイになったという。同情報は中国政府関係者から得たもので、具体的な漏洩内容には言及していない。

 駐アイスランド大使の座は今年2月から空席状態だ。大使館のホームページ上からは馬氏の名前が削除されている。しかし、いまだにホームページ上には馬氏がアイスランド主要メディアに対して発表した、安倍首相の靖国参拝に対して「日中関係を壊す」と批判した文章が残されている。この署名つき文章は今年の2月13日に掲示されたものだ。

 馬氏は1995年から1999年までと、2004年から2008年までの2度、日本に派遣された。2度目の派遣で駐日本大使館の参事官に昇進。2008年に帰国後、外交部新聞司副司長を担当し、2012年から駐アイスランド大使に就任している。

 17日、多くの中国メディアはインターネットで馬継生夫妻の逮捕について報道したが、同日の遅くに人民網、新浪、網易などは次々と関連記事を削除した。

 中国外務省の洪磊報道官は当日の定例記者会見で、同件に関する質問のコメントを拒否した。

(翻訳編集:鈴木真弓)
関連キーワード
^