元米軍中佐、「中国人恋人」に機密情報漏えいで有罪判決

2014年09月19日 15時32分
【大紀元日本9月19日】ハワイ在住の米元軍人で米国防総省の元下請業者の男性(60)が17日、交際相手の中国人女性(27)への軍事機密漏えいと、機密文書不法所持の罪で、懲役7年3カ月(執行猶予3年)の有罪判決を受けた。

 ロイター通信の報道によると、陸軍の元中佐で国防総省から軍事業務を受託していたビスショップ被告は昨年3月に逮捕され、前記の罪を全面的に認めていた。

 米連邦捜査局(FBI)が捜査した結果、米大学院の留学生である同中国人女性は意図的に極秘情報をもつ米国人に接近した。2011年6月に彼女と「恋に落ちた」同被告は翌年5月から、米軍事機密を彼女に提供しはじめた。

 同被告の自宅から大量の軍事機密文書が発見された。

 米検察当局者は、一部の国は美人諜報員を使って軍事機密を収集していると警告し、「ビスショップ被告は『中国人恋人』のコマにされた」と述べた。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^