中国最大の国営中央テレビ、びっくり仰天の報道ミス

2014年09月10日 16時13分
【大紀元日本9月10日】9月7日から9日迄中国を訪問したスーザン・ライス米大統領補佐官(国家安全保障担当)。中国最大の国営放送局中央テレビ(CCTV)は7日のニュースで、同補佐官の写真としてコンドリーザ・ライス元米国務長官のものを放映する報道ミスが判明した。

 中国国内インターネットに、証拠となる同ニュース映像のスクリーン・ショットが投稿された。

 翌8日の報道で写真は訂正されたが、CCTVはこの報道ミスについて、言及、陳謝はしていないとみられる。

 11月に北京で開かれるアジア太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議に出席するオバマ大統領に先立って訪中した同大統領補佐官は、習近平国家主席や、軍部の要人らと会談したと報じられている。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^