【佛家故事】 確固たる意志

2014年10月15日 07時00分
【大紀元日本10月15日】昔、古インド拘薩羅国の森の奥に、ある若い修煉者が住んでいた。修煉者には仲の良い金持の友人がおり、その友人には非常に美しい妻がいた。修煉者は金持ちの家をよく訪れていたが、それを見たある人が言った。「あの修煉者と奥さんは、きっと不倫関係があるに違いない」。その噂はあちこちに広まり、修煉者の耳にも入ってきた。修煉者は憤り、「このような形で自分の名誉が汚されるとは。もう人に合わせる顔がない」と言って絶望した。「私は普段、立派な行いを積んできた。このような噂を立てられて、世間に潔白を示すには自殺するしか方法がない」。

 この頃、森の神は彼の事をずっと観察していた。彼は高潔な人物であり、このまま死なせてはいけない。この機会に彼に悟りを開かせ、諭し導いたらいいと神は考えた。森の神はすぐに金持の妻に姿を変え、修煉者の前に現れた。妻は彼の手を握りながら言った。「世間では、私たちの噂が立っています。事態が既にこうなってしまった以上、自殺して一体何になるでしょうか?いっそのこと、一緒に生活しましょう」。しかし、修煉者は心を動かすことなく、静かに言った。「こんな噂が立った以上、もう生きていても仕方がない。潔白を示すために、死なせてくれ」。そこで、金持ちの妻は森の神の姿に戻り、詩を作った。

 「たとえ悪名が高くとも、苦行者は忍耐しなければならない。

 自分で苦しみを追わず、自ら悩みを作らない。

 森の野獣が何かの音を聞いて怯えるかもしれないが、

 これは軽率な行為で、修煉者はそうあってはならない。

 いくら劣悪な環境の中にあっても、しっかりとした意志を持ち

 堅忍持久するのが修煉者の歩む道である。

 強盗になったらそれは人の批判である。

 羅漢を得たらそれも人の賞賛である。

 心にやましい所がなく、清廉潔白であれば、佛や菩薩は必ず助けてくれる」

 修煉者は森の神の啓示を受けて豁然と悟り、考えを変え、自殺を思いとどまった。それから彼は意志を固め、噂に直面しても恥を忍び、一心に道を修めた。その結果、煩悩の絆を断ち、羅漢の果位を得たという。

 
*********************

 自殺は誤った行為であり、常人でも、修煉者であっても、絶対にあってはならない行為です。修煉者はいかなる困難があろうとも、どんなに大きな苦難を受けようとも、あるいはどれだけ回り道をしたとしても、確固たる意志を持てば乗り越えることができるのです。

 (翻訳編集・蘭因)
関連キーワード
^